CLBeaconRegion Class Reference メモ

CLBeaconRegion Class Reference

概要

CLBeaconRegion オブジェクトは、地理的な位置と対照的に
Blutooth ビーコンのデバイスの近接性を基づいている領域のタイプ
を定義します。
ビーコン領域は、識別的な情報があなたに与えた情報と一致する
デバイスを探す。
デバイスが領域に入ってきたときに、領域がちょうど良く通知の
配達を発生させます。
あなたは、二つのことのビーコン領域を監視することができる。
デバイスがビーコンの近接へ入るまたはでるときに通知をうけとるために,
あなたのLocation manager objectのメソッドのstartMonitoringForRegion:
を使用します。 
ビーコン領域の間、あなたは、ビーコンを変えるための距離に関係するとき
に通知を受け取り始めるためのメソッドはstartRangingBeaconsInRegion: もまた
呼ぶことができる。
あなたがBluetooth ビーコンとして今のIOSデバイスを設定したい場合には、
確認したい情報に適したビーコン領域を作成します。
あなたが、Core Bluetooth frameworkによりデバイスをアドバタイズとして
使用できるDictionaryを取得するために領域のメソッドはperipheralDataWithMeasuredPower:
で呼ぶことができます。
ビーコンとしてデバイスをアドバタイズするためのフレームワークを使用することについて
の詳細は、Location and Maps Programming Guideを見る。

ビーコンの独立性を特定する
あなたは、3つの値の組み合わせて使用することでビーコンを識別します。
・ proximityUUIDのプロパティは、あなたの会社のビーコンを識別するために使用することで
独理性を含めます。
あなたが典型的なあなたの会社のビーコンのため、一つのUUIDだけ発生させます。しかし、必要ならば
もっと発生することができます。あなたは、コマンドラインツールのuuidgenを使用することでこの値を
発生します。
・ major propertyは、ビーコンに設置されたグループの関係についての値が含まれます。例えば、
デパート店が同じフロワーのビーコンとして同じmajor 値を割り当てるかもしれない。
・ minor propertyは、グループの中に独立的なビーコンを特定します。例えば、デパート店の同じ階の
ビーコンのグループの値が、特定のセクションとビーコンへ割り当てるかもしれない。

あなたがビーコンの製造よって与えられたツールを使用することでそれ自身のビーコンハード
ウェアの中へ独立的な値を作る。

Properties
major
ビーコンのグループを識別する値.(read-only)
@property (readonly, nonatomic) NSNumber *major

minor
グループの間の特定のビーコンを識別する値.(read-only)
@property (readonly, nonatomic) NSNumber *minor

notifyEntryStateOnDisplay
デバイス設定がONのときにビーコン通知が送れるかどうかを
示すbool値。
@property (nonatomic, assign) BOOL notifyEntryStateOnDisplay;

proximityUUID
ビーコンがターゲットになるための一意なID.(read-only)
@property (readonly, nonatomic) NSUUID *proximityUUID

Instance Methods

initWithProximityUUID:identifier:
proximity ID を特定したビーコンの標的ということが領域オブジェクト
が初期化をし、返す。
- (id)initWithProximityUUID:(NSUUID *)proximityUUID identifier:(NSString *)identifier;

Parameters
proximityUUID
ビーコンの一意なIDが標的となる。この値はnilにしてはいけない。
identifier
領域を返すのに関係した一意な識別なオブジェクト。あなたは、あなたのアプリケーション
の間で領域を区別するためにこのIDを使用する。この値は、nilにしてはいけない。

Return Value
ビーコン領域オブジェクトの初期化。

initWithProximityUUID:major:identifier:
特定の周辺IDとmajar vale によるビーコンの標的ということの
領域オブジェクトを初期化し返す。

- (id)initWithProximityUUID:(NSUUID *)proximityUUID major
:(CLBeaconMajorValue)major identifier:(NSString *)identifier;

Parameters
proximityUUID
ビーコンの標的ならなる一意なID.この値は、nilにしてはいけない。
major
あなたが、識別できるイDマたはビーコンを使用する majorの値。
identifier
領域オブジェクトに返すのに関係するための一意なID.あなたは、
あなたのアプリケーションの間の領域を区別するためのこのIDを
使用する、この値は,nilにしてはいけない。

Return Value
初期化されたビーコン領域のオブジェクト。

initWithProximityUUID:major:minor:identifier:
proximity ID,major 値、minor値によって特定されたビーコンを標的にした
領域オブジェクトの初期化をし返す。
- (id)initWithProximityUUID:(NSUUID *)proximityUUID major:(CLBeaconMajorValue)major
minor:(CLBeaconMinorValue)minor identifier:(NSString *)identifier;

Parameters
proximityUUID
ビーコンが標的とする proximity ID。この値は、nilにしてはいけない。
major
あなたが識別したIDまたは主なビーコンを使用するmajar値.
minor
あなたが特定のビーコンを識別するために使用するminor値。
identifier
領域オブジェクトを返すのに関係するための一意なID.あなたは,
あなたのアプリケーションの間の領域をくべつするためにこのIDを使用する。
この値は,nilにしてはいけない。

Return Value
初期化されたビーコン領域オブジェクト。

peripheralDataWithMeasuredPower:
ビーコンとして現在のデバイスのアドバタイズするために使うことができる
取り出したデータ。
- (NSMutableDictionary *)peripheralDataWithMeasuredPower:(NSNumber *)
measuredPower

Parameters
measuredPower
デバイスの受け取ったシグナルの強さを示す値。
この値は、領域の間に使われ、1mからビーコンの強さをはかったことを表す。
デバイスのデフォルトの値に使用するようにnilを設定します。
Return Value
ビーコンとして今のデバイスをアドバタイズするためにCBPeripheralManager
とともに組み合わせて使うことができるDataのDictionary.

Constants
CLBeaconMajorValue
ビーコンでもっとも大きい重要な値。
typedef uint16_t CLBeaconMajorValue;

CLBeaconMinorValue
ビーコンでもっとも小さい重要な値。
スポンサーサイト
姉妹サイトだよ! よかったらみてね!

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
twitter アカウント @drum_kuroneko 気軽にフォローしてください。
誰でも簡単に開発ができます!!
人気ナンバー1
自己紹介

yuutyan0205

プロガー:yuutyan0205
きままな自由人です。

たまにプログラミングを行っています。

仕事ください・・・

開発者アプリ一覧 気になったらダウンロードしてください。
開発環境おすすめ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
818位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マック
49位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

相互リンク希望の方とご質問ある方ご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文: