NSUUID Class Reference メモ

NSUUID Class Reference
概要
NSUUID クラスは、タイプ、インターフェース、互い項目を独自に
識別するためにUIIDの文字列を作成します。
UUIDまたGUIDまたはIDDは、は、発生させた
コンピュータの一意の値の時間も空間を一意に作成した128-bitの値のUUID と
1582年10月15日00時00分00秒から100ナノ秒の間隔の数を合わす値の128-bit
の値です。
ASCllでUUIDを表された一般的な形式は、ハイフンによって強調された文字列です、
例えば,68753A44-4D6F-1226-9C60-0050E4C00067です。
ヘキサの表現は、ご想像どおり、0xから始る数値の配列のように見えます。
例えば、0xD7, 0x36, 0x95, 0x0A, 0x4D, 0x6E, 0x12, 0x26, 0x80, 0x3A, 0x00,
0x50, 0xE4, 0xC0, 0x00, 0x67です。
UUIDはバイトの配列してシンプルに表現されたため、異なる様式のための考慮
エンディアンではありません。

Class Methods

UUID
RFC 3122 4一意なバイトとともに新しいUUIDを作成し、返す。
返り値
新しいUUIDオブジェクト。

Instance Methods

getUUIDBytes:
UUIDのバイトを返す。
- (void)getUUIDBytes:(uuid_t)uuid
パラメータ
uuid
生バイトとして表されたUUIDの値.

init
RFC 4122 版の任意なバイトとして新しいUUIDを作成し、返す。
- (id)init
返り値
新しいUUIDオブジェクト。

initWithUUIDBytes:
バイトが与えられた新しいUUIDと作成し、返す。
- (id)initWithUUIDBytes:(const uuid_t)bytes
パラメータ
bytes
UUIDに作成するために使用するために生UUIDバイト。
返り値
新しいUUIDオブジェクト。

initWithUUIDString:
形成された文字列から新しいUUIDを作成し返す。
- (id)initWithUUIDString:(NSString *)string
パラメータ
string
源泉の文字列がUUIDに含まれています。UUIDのために一般的な形式が
ASCllがハイプンによって強調された文字列を表した。
例えば、68753A44-4D6F-1226-9C60-0050E4C00067.

UUIDString
文字列としてUUIDを返す。
- (NSString *)UUIDString
返り値
文字列は、形成したUUIDを含みます。
例えば、 E621E1F8-C36C-495A-93FC-0C247A3E6E5F.
スポンサーサイト
姉妹サイトだよ! よかったらみてね!

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
twitter アカウント @drum_kuroneko 気軽にフォローしてください。
誰でも簡単に開発ができます!!
人気ナンバー1
自己紹介

yuutyan0205

プロガー:yuutyan0205
きままな自由人です。

たまにプログラミングを行っています。

仕事ください・・・

開発者アプリ一覧 気になったらダウンロードしてください。
開発環境おすすめ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
962位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マック
55位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

相互リンク希望の方とご質問ある方ご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文: