FC2ブログ

NSFileManager Class Reference メモ

NSFileManager Class Reference メモ

概要

NSFileManagerクラスを使用すると、多くの一般的なファイルシステム操作を実行できるようになり、
配下のファイルシステムからアプリケーションを隔離します。ほとんどのファイル操作は共有ファイル·
マネージャー·オブジェクトを使用して行うことができる。 iOSではとOS X v10.5以降で、あなたはまた、
ファイルマネージャと連携してデリゲートオブジェクトを使用したい場合にはNSFileManagerの一意の
インスタンスを作成することができます。
Cocoaアプリケーションでは、ファイルマネージャオブジェクトは、通常、ファイルシステムとの最初の
相互作用である。あなたは、ファイルやディレクトリを探し、作成、コピー、移動するには、このオブジ
ェクトを使用します。また、ファイルとディレクトリ、サイズなど、変更日付、BSDの権限に関する情報
を取得するには、このオブジェクトを使用します。また、多くのファイルおよびディレクトリの属性の値
を変更するには、ファイル·マネージャー·オブジェクトを使用することができます。
NSFileManagerクラスは、ファイルまたはディレクトリの場所を指定する方法としてNSURLとNSStringの
クラスの両方をサポートしています。彼らは、内部的に、より効率的な表現へのパス情報に変換することが
できますので、NSURLクラスの使用は、一般的にファイルシステムの項目を指定するために好ましい。また
、別名に似ており、それ以降のファイルまたはディレクトリの場所を見つけるのより確かな方法を提供して
いますNSURLオブジェクトから、ブックマークを取得することができます。
あなたは、移動、コピー、リンク、またはファイルやディレクトリを削除している場合は、それらの操作を
管理するファイルマネージャオブジェクトと組み合わせて、デリゲートを使用することができます。代理人
の役割は、操作を肯定するとエラーが発生したときに続行するかどうかを決めることです。 OS X v10.7以降
では、デリゲートはNSFileManagerDelegateプロトコルに準拠している必要があります。
のiOS 5.0以降とMac OS X v10.7以降では、NSFileManagerはクラウドに格納されているアイテムを管理する
ためのメソッドが含まれています。クラウド·ストレージにタグ付けされたファイルとディレクトリは、それら
がユーザーのiOSデバイスおよびMacintoshコンピュータで利用できるようにすることができるようにiCloud
に同期されます。一つの場所でアイテムへの変更は、アイテムが同期を維持確保するために他のすべての場所
に反映されます。
スレッドに関する考慮事項
共有NSFileManagerオブジェクトのメソッドを安全に複数のスレッドから呼び出すことができます。あなたが
移動の状況、コピー、削除、およびリンク操作に関する通知を受け取るためには、デリゲートを使用する場合は、
あなたは、ファイルマネージャオブジェクトの一意のインスタンスを作成し、そのオブジェクトにデリゲートを
割り当て、開始するために、そのファイル·マネージャを使用する必要がありますあなたの操作。
スポンサーサイト
姉妹サイトだよ! よかったらみてね!

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
twitter アカウント @drum_kuroneko 気軽にフォローしてください。
誰でも簡単に開発ができます!!
人気ナンバー1
自己紹介

yuutyan0205

プロガー:yuutyan0205
きままな自由人です。

たまにプログラミングを行っています。

仕事ください・・・

開発者アプリ一覧 気になったらダウンロードしてください。
開発環境おすすめ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
949位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マック
49位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

相互リンク希望の方とご質問ある方ご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文: