FC2ブログ

vImage Morphology Reference メモ

vImage Morphology Reference メモ

概要
形態学的な機能が拡張、侵食値、最大値、最小値の操作を実行することで、オブジェクトの
形状を変更します。拡張は、オブジェクトを拡張します。浸食契約それら。最小値は浸食の
特殊なケースである一方、最大値は、拡張の特別なケースです。拡大または縮小の正確な性質
は、呼び出し側が提供するカーネル(これも構造要素として知られている)によって決定さ
れます。画像の列の行と番号の数は、モルフォロジー演算を適用した後で変更されません。
ソースイメージが平面画像(シングルチャンネル)をグレースケールやフルカラー画像に上
では、形態学的な機能を使用することができます。カーネル自体は常に平面である。
vImageは、画像全体と同じではないオブジェクトにモルフォロジー演算を適用します。オブ
ジェクトは、次のどちらかのイメージで最も明るい画素や明るさは、特定の画像を基準にして
定義されている画像で最も暗いピクセルで構成されています。あなたがオブジェクトとして
明るいピクセルを定義するときに、暗いピクセルが背景になります。この場合、拡張が浸食
契約それらを持つオブジェクトを展開します。あなたがオブジェクトとして暗いピクセルを定
義するときは、明るいピクセルが背景になります。このケースでは、膨張収縮オブジェクト
と浸食は、それらを拡張します。
それぞれの形態的機能は、あなたがそれに隣接するピクセルの値がデスティネーションピク
セルの値を計算するために使用する方法を決定するコンボリューションカーネルを渡す必要
があります。カーネルは、行の末尾にパディングすることなく、パックされた配列です。
配列の要素はuint8_t型(Planar8とARGB8888フォーマットのための)、またはfloat型
(PlanarFとARGBFFFF形式の場合)でなければなりません。高さと配列の幅が両方奇数
でなければなりません。
たとえば、Planar8イメージのため3×3の畳み込みカーネルは9、8ビット(1バイト)の値で
構成され、連続して配置されている。最初の3つの値は、カーネル、次の3つの値が2行目と
最後の3つの値3番目の行の最初の行を表します。
モフォロジー関数はPlanar8とARGB8888フォーマットに対してオーバーフローを防ぐために
クリッピング行う。飽和クリッピング0から255にマップ255以上のすべての強度レベルは、
0以下のすべての強度レベル、および0から255の間​​の強度レベルを残し、包括的な、変わら
ない。
形質転換されるピクセルは、関心領域の画像だけではないの縁の近くですが、それはパート
で画像全体そのうちカーネルは既存のピクセルが存在しないので、画像のエッジを超えて
延長することができるときカーネルの一部の要素の下にあ​​る。この場合、モフォロジー
関数は、重なるソース·バッファをカーネルのその部分を利用しています。他のカーネル要
素は無視されます。
スポンサーサイト
姉妹サイトだよ! よかったらみてね!

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
twitter アカウント @drum_kuroneko 気軽にフォローしてください。
誰でも簡単に開発ができます!!
人気ナンバー1
自己紹介

yuutyan0205

プロガー:yuutyan0205
きままな自由人です。

たまにプログラミングを行っています。

仕事ください・・・

開発者アプリ一覧 気になったらダウンロードしてください。
開発環境おすすめ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
967位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マック
48位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

相互リンク希望の方とご質問ある方ご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文: