FC2ブログ

vImage Transform Reference メモ

vImage Transform Reference メモ

概要

変換機能には、画像内のピクセルの値を変更します。コンボリューションとは異なり、変換関数は、
周辺のピクセルの値に依存しない。 vImage変換関数は、4つのカテゴリに分類されます。
ガンマ補正関数は、関数の値によって、各ピクセルを乗じて画像の明るさのプロファイルを
修正します。ガンマ補正は、特定のデバイス上での表示や印刷のためにイメージを準備します。
ルックアップテーブル関数は区分的多項式関数に似ていますが、代わりに多項式を適用する
のでは、彼らはあなたが用意したルックアップテーブルを使用します。
行列乗算関数は、さまざまな用途、例えば、(RGBとYUVなど)色空間の間で変換するよう
にしており、色に画像を変更すると、1つのグレースケール、およびのための "色のねじれ。"
区分関数は、ガンマ補正関数に似ていますが、代わりに事前定義されたガンマ関数を適用す
るのでは、彼らはあなたが用意した一つ以上の多項式を適用します。多項式の数が2の整数乗
である必要があり、それらはすべて同じ順序でなければなりません。
変換機能には、画像データを受信して​​供給するためにvImageバッファ構造
(vImageのデータ型と定数のリファレンスvImage_Buffer-参照)を使用します。
このバッファは、画像データ、画像データの(ピクセル単位)高さと幅、行のバイト数へ
のポインタが含まれます。あなたが実際にvImageバッファ構造体へのポインタを渡します。
いくつかの変換機能には、"場所で働いている"。それらは厳密に画素のピクセルをアライメン
トされている場合、つまり、ソースとデスティネーションのイメージは、同じメモリを占有す
ることができます。これらについては、ソースイメージとデスティネーションイメージのいず
れかの同じvImageバッファ構造体へのポインタを提供したりすることができます。
スポンサーサイト
姉妹サイトだよ! よかったらみてね!

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
twitter アカウント @drum_kuroneko 気軽にフォローしてください。
誰でも簡単に開発ができます!!
人気ナンバー1
自己紹介

yuutyan0205

プロガー:yuutyan0205
きままな自由人です。

たまにプログラミングを行っています。

仕事ください・・・

開発者アプリ一覧 気になったらダウンロードしてください。
開発環境おすすめ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
949位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マック
49位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

相互リンク希望の方とご質問ある方ご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文: