FC2ブログ

vImage Geometry Reference メモ

vImage Geometry Reference メモ

概要

幾何学的な機能は、回転、サイズ変更、画像の幾何学的形状を歪める。
vImageは両方ハイレベル(回転、拡大·縮小、反り)と低レベルの幾何学的な機能
(反射、せん断、および低レベルの回転)を提供します。
最もvImage幾何関数はresampleの画像データは、デスティネーションイメージのような
干渉パターンなどの成果物を作成、避けることができます。 vImageは、デスティネーション
ピクセル、畳み込みに使用されるそれといくらか同様の手順の値を計算する対象画素と他の
近くの画素からのデータを組み合わせリサンプリングカーネルを使用しています。
しかし、幾何学的な操作のために、リサンプリングカーネル自体は、サンプリングされた
ピクセルデータに対してカーネル値のペアリングの過程でリサンプリングされます。
カーネルは、小数と整数両方のピクセル位置で評価されます。これは、カーネルの性質に影響
を与えています機能としてではなく、N行列Mとして指定する必要があります。
リサンプリングカーネル関数はまた、リサンプリングフィルタと呼ばれる、または単純に
フィルタされています。
ほぼすべての幾何学的な操作では、vImageは、vImageは高品質フィルターを使用し、
その場合にフラグkvImageHighQualityResamplingを設定しない限り、リサンプリング
フィルタの既定値を提供しますが、フィルターを使用するのも遅いかもしれない。
反射と高レベルの回転機能は、リサンプリングされません。あなたがより多くの制御、
ユーザーが指定したカスタムフィルタを必要とする場合、せん断の機能はどちらか、
フィルタをリサンプリングし、デフォルトを使用するか、またはすることができます。
スポンサーサイト
姉妹サイトだよ! よかったらみてね!

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
twitter アカウント @drum_kuroneko 気軽にフォローしてください。
誰でも簡単に開発ができます!!
人気ナンバー1
自己紹介

yuutyan0205

プロガー:yuutyan0205
きままな自由人です。

たまにプログラミングを行っています。

仕事ください・・・

開発者アプリ一覧 気になったらダウンロードしてください。
開発環境おすすめ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
1637位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マック
68位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

相互リンク希望の方とご質問ある方ご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文: