Audio Unit Properties and Core Foundation Data Types メモ

Audio Unit Properties and Core Foundation Data Types メモ

オーディオユニットのプロパティとCore Foundationのデータ型

Q:保持または解放する必要がCore Foundationのデータ型を取り、戻りオーディオユニットのプロパティを扱う場合。

:保持または解放する必要がCore Foundationのデータ型を取り、戻りオーディオユニットのプロパティを扱う場合。

Audio UnitのホストはCore Foundationのデータ型であるオーディオユニットのプロパティを使用するたびに、呼び出し側は、ほぼ常に参照を所有し、必要に応じて、それを解放するための、
したがって責任があります。
AudioUnitSetProperty向け要約
kAudioUnitProperty_ClassInfo - グローバルスコープで有効CFDictionaryRefのをとります。
kAudioUnitProperty_ElementName - 任意のスコープで有効なCFStringRefをとります。
kAudioUnitProperty_PresentPreset - グローバルスコープで有効AUPreset構造をとります。 presetNameは、この
プロパティを取得した後に呼び出し側が所有してプリセット名を含むCFStringRefです。
スポンサーサイト
姉妹サイトだよ! よかったらみてね!

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
twitter アカウント @drum_kuroneko 気軽にフォローしてください。
誰でも簡単に開発ができます!!
人気ナンバー1
自己紹介

yuutyan0205

プロガー:yuutyan0205
きままな自由人です。

たまにプログラミングを行っています。

仕事ください・・・

開発者アプリ一覧 気になったらダウンロードしてください。
開発環境おすすめ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
826位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マック
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

相互リンク希望の方とご質問ある方ご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文: