MKMapView Class Reference メモ

MKMapView Class Reference メモ

概要
MKMapViewオブジェクトがMapsアプリケーションによって提供されたも
ののような埋め込み地図インターフェースを提供します。マップ情報を表示すると
、アプリケーションからマップの内容を操作するためにそのまま、このクラスを使用します。
あなたが中心与えられた座標の地図は、表示したい領域のサイズを指定し、カスタム情報を
持つマップに注釈を付けることができます。

Important
Map Kitフレームワークは、地図データを提供するために、Googleのサービスを使用しています。
このクラスの使用と関連付けられたインターフェイスは、サービスのGoogleマップ/ Google
Earth APIの利用規約にあなたをバインドします。あなたはhttp://code.google.com/apis/
maps/iphone/terms.htmlでサービスのこれらの用語を見つけることができます。

マップビューを初期化するときは、表示するために、そのマップの初期領域を指定する必要があります。
あなたは、マップの領域のプロパティを設定することによってこれを行う。領域は、スパンとも呼ばれ、
中心点と水平方向と垂直方向の距離によって定義されます。スパンが表示されるはずですどのくらい与
えられたポイントのマップの定義とは、ズームレベルを設定する方法もあります。地理的に広い範囲を
見てユーザーの大スパンの結果を指定しては低いズームレベルに対応しています。より狭い地理的領域
を見て、ユーザーの小さなスパンの結果を指定しては、より高いズームレベルに対応しています。
プログラムでスパンを設定するだけでなく、MKMapViewクラスは、位置とマップのズームレベルを変
更するための多くの標準的な対話をサポートします。具体的には、マップビューは、地図とズームイン
とズームアウトの周りにスクロールするためのフリック、ピンチジェスチャーをサポートしています。
これらのジェスチャのサポートは、デフォルトで有効になっていますが、またscrollEnabled
とzoomEnabledプロパティを使用して無効にすることができます。
iOS 4.0以降とでは、また、いくつかの値を指定する代わりに、地域の投影マップの座標を使用するこ
とができます。あなたが平らな表面上に地球の曲面を投影するときは、経線が平行になるように表示さ
れるマップの2次元バージョンを取得します。この地図上の位置との距離はMKMapPoint、MKMapSize、
とMKMapRectデータ型​​を使用して指定されます。オーバーレイの場所を指定するときは、マップの可
視領域を指定するために、これらのデータ型を使用することができます。
サブクラスMKMapViewクラス自体ではないはずですが、デリゲートオブジェクトを提供することにより、
マップビューの動作に関する情報を得ることができます。マップビューは、マップ状態の変化を知らせる
ことと、より詳細に記載されているカスタムアノテーションの表示調整するために、カスタムデリゲート
のメソッドを呼び出して、 "マップへの注釈"をデリゲートオブジェクトの内の任意のオブジェクトにす
ることができますそれはMKMapViewDelegateプロトコルに準拠している限り、あなたのアプリケーション。
デリゲートオブジェクトの実装の詳細については、MKMapViewDelegateプロトコルリファレンスを参照してください。

マップへの注釈
MKMapViewクラスは、カスタム情報と地図に注釈を付ける機能をサポートしています。マップは注釈の潜在的
に多数存在する可能性があるため、マップビューは、地図上でそのデータを提示するためのアノテーションデータ
とビュー·オブジェクトを管理するために使用される注釈オブジェクトを区別する。
注釈オブジェクトはMKAnnotationプロトコルに準拠した任意のオブジェクトです。注釈オブジェクトは、
通常、アプリケーションのデータ·モデルで既存のクラスを使って実装されます。これは、あなたが直接、
注釈データを操作することができますが、それでもマップビューが利用できるようにする。各注釈オブジ
ェクトが吹き出しで表示することができる記述的情報と共に地図上に注釈の位置に関する情報が含まれています。
画面上の注釈オブジェクトの提示がMKAnnotationViewクラスのインスタンスである注釈ビューによって処理されます。
注釈ビューは理にかなっているように、注釈のデータを提示する責任がある。例えば、マップアプリケーションは、
地図上の関心のある特定のポイントを示すためにピンのアイコンを使用しています。 (Map Kitフレームワークは
独自のアプリケーションで同様の注釈のMKPinAnnotationViewクラスを提供しています)また、マップのより
大きな部分をカバーする注釈ビューを作成することができます。
彼らは画面上にある場合にのみ注釈ビューが必要とされているので、MKMapViewクラスが使用されていない注釈
ビューをキューイングするためのメカニズムを提供します。彼らが画面外に移動する際、再利用識別子を持つ注釈
ビューはマップビューで内部的に切り離され、キューに入れることができます。この機能は、一度にメモリ内の注釈
ビューのごく少数を保つことによって、あなたが持っているビューをリサイクルすることで、メモリ使用量を改善します。
また、マップがスクロールしている間に、新しいビューを作成する必要性を軽減してスクロールのパフォーマンスが向上します。
あなたのマップのインターフェイスを設定するときは、すぐにあなたの注釈オブジェクトをすべて追加する必要があります。
マップビューは、対応する注釈ビューが画面に表示される時期を判断するのはそれぞれの注釈オブジェクトの座標データを
使用しています。注釈を画面上に移動すると、マップビューでは、対応する注釈ビューを作成し、そのデリゲートを尋ねます
。あなたのアプリケーションは様々な種類の注釈を持っているなら、それはそれぞれの型を表すために、
異なったアノテーションビュークラスを定義することができます。

地図にオーバーレイを追加
のiOS4.0以降では、マップの広い部分の上にコンテンツを表示するオーバーレイを使用することができます。
オーバーレイはMKOverlayプロトコルに準拠する任意のオブジェクトです。オーバーレイオブジェクトは、
オーバーレイと地図上にその場所の形状や大きさを指定するために必要なポイントが含まれているデータオブジェクトです。
オーバーレイは、円形、四角形、マルチセグメントライン、単純または複雑な多角形などの図形を表すことができます。
また、他の形状を表現するために、独自のカスタムオーバーレイを定義することができます。
画面上のオーバーレイのプレゼンテーションはMKOverlayViewクラスのインスタンスであるオーバーレイビューによっ
て処理されます。オーバーレイビューのジョブは、地図コンテンツの上にオーバーレイを表す図形を描画することです。
例えば、バスのルートを表しオーバーレイは、そのルートに沿って停止を示すアイコンとともにルートのパスを描画するオ
ーバーレイビューを持っているかもしれません。 Map Kitフレームワークは、オーバーレイオブジェクトの標準的なタイプ
のオーバーレイビューを定義し、ユーザーは必要に応じて追加のオーバーレイビューを定義することができます。
あなたのマップのインターフェイスを設定するときは、いつでもオーバーレイオブジェクトを追加することができます。
マップビューは、対応するオーバーレイビューを画面上に表示される時期を判断するのは各オーバーレイ·オブジェクト
内のデータを使用しています。オーバーレイは画面上に移動すると、マップビューには、対応するオーバーレイビューを
作成するには、そのデリゲートを尋ねます。
スポンサーサイト
姉妹サイトだよ! よかったらみてね!

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
twitter アカウント @drum_kuroneko 気軽にフォローしてください。
誰でも簡単に開発ができます!!
人気ナンバー1
自己紹介

yuutyan0205

プロガー:yuutyan0205
きままな自由人です。

たまにプログラミングを行っています。

仕事ください・・・

開発者アプリ一覧 気になったらダウンロードしてください。
開発環境おすすめ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
1082位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マック
55位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

相互リンク希望の方とご質問ある方ご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文: