CFData Reference メモ

CFData Reference メモ

概要
CFDataとその派生可変タイプ、CFMutableDataリファレンスは、バイトのバッファのデータオブジェクト、
オブジェクト指向のラッパーのサポートを提供します。データ·オブジェクトは、Core Foundationオブジェクト
の動作を取る(つまり、埋め込まれていないポインタを持つデータ)は、単純な割り当てられたバッファを聞かせて。
CFDataは、静的データ·オブジェクトを作成し、CFMutableDataは、動的データ·オブジェクトを作成します。
データオブジェクトは、通常、生データの格納に使用されます。
あなたはCFDataCreateと静的データ·オブジェクトを作成するCFDataCreateCopy関数を使用します。
これらの関数は、指定されたデータの新しいコピーを作成します。代わりに別のコピーを作成する指定したバッファ
を使用するデータオブジェクトを作成するには、CFDataCreateWithBytesNoCopy関数を使用します。
あなたはCFDataGetBytesがバイトの長さを取得するためにバイトとCFDataGetLength機能を取得するための関数を使用します。
CFDataはCocoaのFoundationのカウンターパート、NSDataの持つ "フリーダイヤルブリッジ"です。
これが意味することは、Core FoundationのタイプがブリッジFoundationオブジェクトを持つ関数または
メソッドの呼び出しで交換可能であるということです。言い換えれば、あなたがNSData*パラメータを参照してください方法では
、あなたはCFDataRefで渡すことができます、そしてあなたがCFDataRefパラメータを参照してください関数内では、
NSDataのインスタンスに渡すことができます。また、これはNSDataの具象サブクラスにのみ適用されます。
フリーダイヤルブリッジングの詳細については、 "フリーダイヤルブリッジ·タイプ"を参照してください。

CFDataCreate
指定されたバイトのバッファからコピーされたデータを使用して不変CFDataオブジェクトを作成します。
Parameters
アロケータ
アロケータは、新しいオブジェクトのためのメモリを割り当てるために使用する。 NULLを渡すか、または現在のデフォルトのアロケータを使用するkCFAllocatorDefault。
バイト
theDataにコピーされる生データを含むバイトのバッファへのポインタ。
長さ
バッファ内のバイト数(バイト)。
Return Value
オブジェクトの作成時に問題があった場合、そこに新しいCFDataオブジェクト、またはNULL。所有権は、Createルールに従っています。
Discussion
あなたは、バッファ内のバイト数を指定する必要があります。この関数は、常に内部ストレージに提供されたバッファにバイトを
コピーします。
スポンサーサイト
姉妹サイトだよ! よかったらみてね!

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
twitter アカウント @drum_kuroneko 気軽にフォローしてください。
誰でも簡単に開発ができます!!
人気ナンバー1
自己紹介

yuutyan0205

プロガー:yuutyan0205
きままな自由人です。

たまにプログラミングを行っています。

仕事ください・・・

開発者アプリ一覧 気になったらダウンロードしてください。
開発環境おすすめ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
949位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マック
51位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

相互リンク希望の方とご質問ある方ご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文: