EKEventStore Class Reference メモ

EKEventStore Class Reference メモ

概要
EKEventStore クラスのインスタンスは、カレンダーDBを表します。
これは、カレンダーとリマインダーデータへアクセスするためのアプリケーション
のコンタクトのポイントです。
iOS 5の後で、event store オブジェクトは、デフォルトで init メソッドで初期化し
ます。iOS 6以降は、あなたが、event store を初期化した後に、requestAccessToEntityType:completion:
メソッドでデータのエンティティタイプにアクセスする必要があります。
OSXでは、デフォルトのinit メソッドの代わりにinitWithAccessToEntityTypes: を
使用します。
predicateForEventsWithStartDate:endDate:calendars:メソッドによって
イベントのための検索クエリを作成します。
フェッチとプロセスメソッドは、 eventsMatchingPredicate:とenumerateEventsMatchingPredicate:usingBlock:
メソッドによって与えられた述語と一致しています。
saveEvent:span:commit:error: と removeEvent:span:commit:error: メソッドによって
event store から eventを保存と削除します。
リマインダーのアクセスと操作するためには、同じようなメソッドを使用する。
リマインダーは、iOS 6 前の Event Kit では、利用できません。

Properties

defaultCalendarForNewEvents
イベントが、ユーザー設定によって指定したデフォルトとして追加したカレンダー。
(read-only)
@property(nonatomic, readonly) EKCalendar *defaultCalendarForNewEvents

defaultCalendarForNewReminders
イベントが、ユーザー設定によって指定したデフォルトとして追加したカレンダー。
(read-only)
@property(nonatomic, readonly) EKCalendar *defaultCalendarForNewReminders

eventStoreIdentifier
event store のための ユニークID (read-only)
@property(nonatomic, readonly) NSString *eventStoreIdentifier

Class Methods

authorizationStatusForEntityType:
エンティティタイプを定められた権限状態を返す。
+ (EKAuthorizationStatus)authorizationStatusForEntityType:(EKEntityType)entityType
Parameters
entityType
イベントまたはリマインダーのエンティティタイプ.
Return Value
定められたタイプのアプリの権限状態.

Instance Methods
calendarItemsWithExternalIdentifier:
イベントの最初の発生または外部IDを指定したリマインダーを返す。
- (NSArray *)calendarItemsWithExternalIdentifier:(NSString *)externalIdentifier
Parameters
externalIdentifier
カレンダーアイテムの外部ID.
Return Value
IDを指定したカレンダーアイテムのArray.

calendarItemWithIdentifier:
イベントの際社の発生または、IDを指定したリマインダーを返す。
- (EKCalendarItem *)calendarItemWithIdentifier:(NSString *)identifier
Parameters
identifier
カレンダーアイテムのユニークID.
Return Value
リマインダーまたは、IDを指定したエベントの最初の発生。

calendarsForEntityType:
例えば、リマインダーまたはイベントが定めたエンティティタイプを
サポートするカレンダーを返す。
- (NSArray *)calendarsForEntityType:(EKEntityType)entityType
Parameters
entityType
カレンダーのエンティティタイプ。
Return Value
指定されたエンティティタイプをサポートするカレンダー。

calendarWithIdentifier:
IDを指定したカレンダーを返す。
- (EKCalendar *)calendarWithIdentifier:(NSString *)identifier
Parameters
identifier
カレンダーのユニークID
Return Value
IDを指定したカレンダー.

cancelFetchRequest:
リマインダーをフェッチするリクエストをキャンセルする。
- (void)cancelFetchRequest:(id)fetchIdentifier
Parameters
fetchIdentifier
fetchRemindersMatchingPredicate:completion:によって返された
リクエストのID.

commit:
event store の変更でセーブしていないすべてをコミット。
- (BOOL)commit:(NSError **)error
Parameters
error
NSError オブジェクトのためのポインタ。あなたが、NSError オブジェクトを
作成する必要がありません。
コミット操作は、あなたがNULL の場合に最初の失敗の後で中止する。
Return Value
コミット操作が成功した場合、YES それ以外がNO.変更がない場合でもYESを返します。

enumerateEventsMatchingPredicate:usingBlock:
指定した述語に一致するすべてのイベントを検索し、見つかった各イベントの指定された
コールバックを呼び出します。
- (void)enumerateEventsMatchingPredicate:(NSPredicate *)predicate usingBlock:(EKEventSearchCallback)block
Parameters
predicate
検索の述語.predicateForEventsWithStartDate:endDate:calendars: メソッドを作成しなければならない。
block
block callback は、各イベントごとに呼び出します。コールバックは、EKEventSearchCallback
によって定義された署名を一致しなければならない。




姉妹サイトだよ! よかったらみてね!
スポンサーサイト
twitter
twitter アカウント @drum_kuroneko 気軽にフォローしてください。
誰でも簡単に開発ができます!!
人気ナンバー1
自己紹介

yuutyan0205

プロガー:yuutyan0205
きままな自由人です。

たまにプログラミングを行っています。

仕事ください・・・

開発者アプリ一覧 気になったらダウンロードしてください。
開発環境おすすめ
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
818位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マック
49位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

相互リンク希望の方とご質問ある方ご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文: