12/19のツイートまとめ

drum_kuroneko

今回のweblio TOEIC(R)テスト「600突破対策」語彙力診断結果は推定カバー率「63%」判定「B」可否「突破寸前」回答時間「1分35秒」 #vocab_test_toeic http://t.co/A8bxBBkL3h
12-19 12:52

姉妹サイトだよ! よかったらみてね!
スポンサーサイト

CBCentral Class Reference メモ

CBCentral Class Reference メモ

概要
CBCentral クラスがローカルデバイスの周辺ロール
を示すアプリへ接続するリモートセントラルでバイスを表す。
すなわち、あなたがCBPeripheralManager クラスをしようして周辺
権限を示したとき、CBCentral オブジェクトを表したあなたのローカル
peripheral へ接続する中心となります。
リモートセントラルはNNUIDオブジェクトよって表され、UUIDによって
識別します。

Properties
identifier
central に関係したUUID.(read-only)
@property(readonly, nonatomic) NSUUID *identifier

maximumUpdateValueLength
Central についてByteでのデータの最高の総数は、
一つの通知または指示を受け取ることができる。 姉妹サイトだよ! よかったらみてね!

CBATTRequest Class Reference メモ

CBATTRequest Class Reference メモ

概要
CBATTRequest class は、リモートセントラルでバイスから
リクエスト読み込みと書き込みATTを表す、
リモートセントラルがローカルperipheralへcharacteristic values
読み込みと書き込みするためのリクエストでATTを使用する。
ローカル peripheral、一方で、CBPeripheralManager
のクラスのthe respondToRequest:withResult: を使用して
ちょうどよくリクエストを読み込みと書き込みを応答するために
CBATTRequestオブジェクトを使用する。

Properties
central
リクエストの起こしたremote central device (read-only)
@property(readonly, retain, nonatomic) CBCentral *central

characteristic
読み込みおよび書き込みをするための値の特徴。(read-only)
@property(readonly, retain, nonatomic) CBCharacteristic *characteristic

offset
リクエスト読み込みまたは書き込みのためfirst byte の zero-based index.(read-only)
@property(readonly, nonatomic) NSUInteger offset

value
読み書きのなるデータ。
@property(readwrite, copy) NSData *value 姉妹サイトだよ! よかったらみてね!

CBMutableService Class Reference メモ

CBMutableService Class Reference メモ

概要
CBMutableService クラスは、CBServiec クラスを継承したプロパティの
すべてへアクセスへ書くの加える。
あなたがサービスの作成またはローカルperipheral デバイスを含まれるかを
このクラスを使用します、
あなたがサービスを作成したあとに、あなたはCBPeripheralManager クラス
のメソッド  addService:  を使用してperipheral local database を加える
ことができる。peripheral ローカルデータベースへサービスを追加したあたに
サービスをキャッシュされあなたがそれを変更することができなくなる。

Properties
characteristics
サービスのcharacteristicsの配列
@property(retain, readwrite) NSArray *characteristics
Discussion
service’s characteristicsを表すCBCharacteristic オブジェクトを含む配列。
Characteristics は peripherals サービスについて詳細を与える。
例えば、心拍数サービスは、デバイスの心拍センサの意図された身体の位置お
よび心拍数測定データを送信する他の特徴を記述するつの特性を含むことができる。

includedServices
含まれたサービスの配列。
@property(retain, readwrite) NSArray *includedServices

isPrimary
サービスのタイプがプライマリまたはセカンダリかどうかを
示すbool値。
@property(readwrite, nonatomic) BOOL isPrimary

UUID
サービスの
Bluetooth-specific UUID
@property(retain, readwrite, nonatomic) CBUUID *UUID

Instance Methods
nitWithType:primary:
UUiDとサービスタプによって指定された変更可能なサービスを
新しく初期化し返す。
- (id)initWithType:(CBUUID *)UUID primary:(BOOL)isPrimary
Parameters
UUID
サービスを識別した128-bit UUID
isPrimary
サービスのタイプがプライマリまたはセカンダリかどうかを示すbool値。
YESの場合、サービスがプライマリ。NOの場合はサービスがセカンダリ。 姉妹サイトだよ! よかったらみてね!

CBPeripheralManagerDelegate Protocol Reference メモ

CBPeripheralManagerDelegate Protocol Reference メモ

概要
CBPeripheralManager object のデリゲートは、
CBPeripheralManagerDelegate protocol、非常に多いオプションメソッド
から成り立つプロトコル、一つの必須のメソッドを採用しなければならない。
プロトロルのオプションメソッドが、発行とアドバタイズすることと、モニター
に読むこと、書き込みとリモートcentral device から応答承諾を確立するために
使われる。
プロトコルの必須のメソッドは、peripheral manager が使用できているかどうかと
peripherl managerの状態が更新されたときを示します。

Instance Methods
peripheralManager:central:didSubscribeToCharacteristic:
リモートセントラルでバイスにcharacteristic’s value が
登録した時に呼ぶ出される。

- (void)peripheralManager:(CBPeripheralManager *)peripheral central:(CBCentral *)central
didSubscribeToCharacteristic:(CBCharacteristic *)characteristic

Parameters
peripheral
情報を供給するperipheral manager
central
characteristic’s valueを同意したリモートセントラルデバイス。
characteristic
同意した値の特徴

peripheralManager:central:didUnsubscribeFromCharacteristic:

リモートセントラルデバイスがcharacteristic’s valueを拒否したときに呼び出される。

- (void)peripheralManager:(CBPeripheralManager *)peripheral central:(CBCentral *)
central didUnsubscribeFromCharacteristic:(CBCharacteristic *)characteristic

Parameters
peripheral
情報から供給するperipheral manager
central
characteristic’s valueを登録したリモートセントラルデバイス。
characteristic
削除した値の特徴。

peripheralManager:didAddService:error:
あなたがlocal Generic Attribute Profile (GATT) databaseへサービスと任意の
characteristicsの関係したcharacteristic descriptors を出版した。

- (void)peripheralManager:(CBPeripheralManager *)peripheral didAddService
:(CBService *)service error:(NSError *)error

Parameters
peripheral
情報を供給したperipheral manager
service
ローカルGATT database へ追加したサービス。
error
エラーが発生した場合、失敗の原因。

peripheralManager:didReceiveReadRequest:
ローカルperipheral デバイス が動的な値を持つcharacteristicから
リクエストを読むAttribute Protocolの受け取ったときに発生する。

- (void)peripheralManager:(CBPeripheralManager *)peripheral
didReceiveReadRequest:(CBATTRequest *)request

Parameters
peripheral
情報を供給するperipheral manager
request
characteristic’s valueを読むためにリクエストを表すCBATTRequest オブジェクト.

peripheralManager:didReceiveWriteRequests:
ローカルperipheral デバイスが動的な値をもつcharacteristicをリクエストをATTを
受け取るときに発生します。

- (void)peripheralManager:(CBPeripheralManager *)peripheral didReceiveWriteRequests
:(NSArray *)requests

Parameters
peripheral
情報を供給するperipheral manager
requests
CBATTRequest オブジェクトの配列またはCBATTRequest objectsがcharacteristicの値を
書き込むためのリクエストを表す。

peripheralManager:willRestoreState:
peripheral manager がシステムによって回復したときに発生する。
- (void)peripheralManager:(CBPeripheralManager *)peripheral willRestoreState:(NSDictionary *)dict

Parameters
peripheral
情報を供給するperipheral manager
dict
アプリを終わらせる時間のシステムよって保存されたperipheral manager についての情報を含むdictionary.

peripheralManagerDidStartAdvertising:error:
あなたがローカルperipheral デバイスデータをアドバタイズを始めたときに発生します。
- (void)peripheralManagerDidStartAdvertising:(CBPeripheralManager *)peripheral error:(NSError *)error

Parameters
peripheral
情報を供給するperipheral manager
error
errorが起きたとき、失敗の原因。

peripheralManagerDidUpdateState:
peripheral manager's の状態が更新されたときに発生します。(必須)
- (void)peripheralManagerDidUpdateState:(CBPeripheralManager *)peripheral

Parameters
peripheral
状態がかわったperipheral manager

peripheralManagerIsReadyToUpdateSubscribers:
ローカルperipheral デバイスがcharacteristic valueを更新して送るため
に再び準備した際に発生します。(必須)

- (void)peripheralManagerIsReadyToUpdateSubscribers:(CBPeripheralManager *)peripheral
Parameters
peripheral
情報を供給したperipheral manager

Constants

Peripheral Manager State Restoration Options
initWithDelegate:queue:options: メソッドを選択するために使われるKeys.
NSString *const CBPeripheralManagerRestoredStateServicesKey;
NSString *const CBPeripheralManagerRestoredStateAdvertisementDataKey;

Constants
CBPeripheralManagerRestoredStateServicesKey
アプリの時間へローカルperipheralのデータベースへ出版されたサービスのすべてを含む
CBMutableService オブジェクトの配列.
サービスについてすべての情報は、サービスが含まれたcharacteristics、
characteristic descriptors、加工したセントラルを回復する。

CBPeripheralManagerRestoredStateAdvertisementDataKey
アプリがシステムによって終了した時間にアドバタイズされたperipheral manager を
含むDictonary. 姉妹サイトだよ! よかったらみてね!

CBPeripheralManager Class Reference メモ

CBPeripheralManager Class Reference

概要
CBPeripheralManager オブジェクトが、
周辺の属性のプロファイルのデータベースのとの間の公開されたサービスを操作
するためとデバイスを中心としたサービスをアドバタイズするために使用された。
サービスがデータベースの間、表示され、任意の接続された中心により、アクセス
することができます。

それによると、あなたのアプリが、bluetooth-peripheral background modeを
ONにしない場合に、そのサービスのコンテンツは、バックグランドなったときと
再び発生した時にサービスになる。
サービスの特徴な値にアクセスしようとする任意のリモートの中心またはエラー
を受け取る特徴的な記述です、
あなたがCBPeripheralManager メソッドを呼ぶ前に、周辺manager オブジェクトの
状態は、CBPeripheralManagerStatePoweredOnとしてパワーをon にしなければならない。
その状態は、周辺デバイスがBluetooth low energyをサポートしているかとBluetoothを
使用できるかどうかを示している。

Properties
delegate
周辺イベントを受け取るために指定したデリゲートオブジェクト。
@property(weak, nonatomic) id delegate

isAdvertising
周辺が現在アドタイズデータがであるかどうかを示すbool 値。 (read-only)
@property(readonly) BOOL isAdvertising

state
周辺マネージャーの現在の値。 (read-only)
@property(readonly) CBPeripheralManagerState state

Class Methods
authorizationStatus
バックグランドの状態の間に共有するデーターのためのアプリの認証する状態を
返す。
+ (CBPeripheralAuthorizationStatus)authorizationStatus
Return Value
アプリがバックグランドの間にBluetoothサービスを使用するデータを共有するため
に認証するかどうかを示す値。
可能な値のリストは、 “Peripheral Manager Authorization Status.”を見る。

Instance Methods
addService:
発行しているサービスと任意の関係した特徴とlocal GATT databe へ記述した
特徴。
- (void)addService:(CBMutableService *)service

Parameters
service
あなたが出版したいサービス。

initWithDelegate:queue:
特定のデリゲートとキューに peripheral manager に初期します。
- (id)initWithDelegate:(id)delegate queue:(dispatch_queue_t)queue

Parameters
delegate
周辺の役割のイベントへ受け取るためのデリゲート。
queue
peripheral role events をdispatching するためのdispatch quere。もし値がnilならば、
peripheral manager は、maine queueを使用する周辺の役割イベントをdispatchします。

Return Value
peripheral manager を新しく初期化して返す。

initWithDelegate:queue:options:
特定のデリゲート、dispatch queue、初期化したオプションを使用してperipheral manager
を初期化します。
- (id)initWithDelegate:(id)delegate queue:(dispatch_queue_t)queue
options:(NSDictionary *)options

Parameters
delegate
peripheral role event 受け取るためのデリゲート。
queue
peripheral role events をdispatchするためのdispatch キュー。
値がnilの場合、peripheral managerは、main queue を使用して peripheral role event
を dispatche する。
options
peripheral managerのための初期化オプションに含まれるオプションのdictionary。
オプションでできることは、 “Peripheral Manager Initialization Options”を見る。

Return Value
新しく初期化されたperipheral manager を返す。

removeAllServices
local GATT databaseからすべて出版されたサービスを削除。
- (void)removeAllServices

removeService:
local GATT databaseから特定された出版のサービスを削除する。
- (void)removeService:(CBMutableService *)service

Parameters
service
削除したいサービス。

respondToRequest:withResult:
共有に接続されてからリクエストを読みまたは書き込みの応答。
- (void)respondToRequest:(CBATTRequest *)request withResult:(CBATTError)result

Parameters
request
読み込みまたは書き込みの中心に接続してから受け取った応答。
読み込みと書き込みのリスクエストについての詳細情報は、CBATTRequest Class Reference
です。
result
応答を満たすために使用とした結果.可能な結果のリストは、Core Bluetooth Constants Reference
を見る。

setDesiredConnectionLatency:forCentral:
中央装置への既存の接続のための目的の接続待ち時間を設定します。
- (void)setDesiredConnectionLatency:(CBPeripheralManagerConnectionLatency)latency forCentral:(CBCentral *)central

Parameters
latency
目的の接続の待ち時間。
あなたが peripheral manager のために セットするかもしれないということの接続待ち時間の値
可能なリストのために“Peripheral Manager Connection Latency”を見る。
central
peripheral manager が 現在の接続するための中心。

startAdvertising:
peripheral manager data がアドバタイズする。
- (void)startAdvertising:(NSDictionary *)advertisementData

Parameters
advertisementData
アドバタイズしたデータが含まれるオプションのdictionary。
advertisementData dictionary の key 可能性は、CBCentralManagerDelegate Protocol Referenceが
詳細です。keyの二つがperipheral manager objectsがあります。
CBAdvertisementDataLocalNameKey と CBAdvertisementDataServiceUUIDsKey.

stopAdvertising
peripheral manager data をアドバタイズすることをやめる。
- (void)stopAdvertising

updateValue:forCharacteristic:onSubscribedCentrals:
通知または表示を経由して、中心の加入およびひとつの特徴てきな値を
更新して送信します。
- (BOOL)updateValue:(NSData *)value forCharacteristic:
(CBMutableCharacteristic *)characteristic onSubscribedCentrals:(NSArray *)centrals

Parameters
value
通知または表示を経由して送信したい特徴の値。
characteristic
価値がかわった特徴。
central
特徴の値の更新を受け取るために加入する中心のリスト。
nilの場合は、すべての加入する中心が更新された。
特徴の値が加入していない中心は、無視されます。

Return Value
もしYESならば、加入したcentral および centralsが送られたことが
成功した。NO、送られたqueueが満ちた基本的に成功していない。

Constants
Peripheral Manager Initialization Options
initWithDelegate:queue:options: メソッドへオプションを渡すために使用されるKey。

NSString *const CBPeripheralManagerOptionShowPowerAlertKey;
NSString *const CBPeripheralManagerOptionRestoreIdentifierKey;

定数

CBPeripheralManagerOptionShowPowerAlertKey
システムが、peripheral manager がインスタンスされたときにBluetooth のパワーがOFFの場合に
利用者へダイアログを表示すべきかどうかの指定するbool 値.
keyの値は、NSNumberです。
keyを指定しない場合は、デフォルトでNOです。

CBPeripheralManagerOptionRestoreIdentifierKey
インスタンスされているperipheral manager のためのユニークなUUIDを含む文字列。
システムは、特定のperipheral managerを識別するためのUIDを使用する。その結果、
UIDは、IOS7以降も同じに残さなければならないUUID.

Peripheral Manager State
peripheral managerの現在の状態を表す値.
typedef enum {
CBPeripheralManagerStateUnknown = 0,
CBPeripheralManagerStateResetting,
CBPeripheralManagerStateUnsupported,
CBPeripheralManagerStateUnauthorized,
CBPeripheralManagerStatePoweredOff,
CBPeripheralManagerStatePoweredOn,
} CBPeripheralManagerState;

定数

CBPeripheralManagerStateUnknown
peripheral managerの現在の値が不明です。更新が呼ばれます。

CBPeripheralManagerStateResetting
システムサービスの接続がちょっとの間に失った。
更新が呼ばれます。

CBPeripheralManagerStateUnsupported
プラットフォームがBluetooth low energy peripheral/server role
をサポートしていない。

CBPeripheralManagerStateUnauthorized
このアプリは、 Bluetooth low energy peripheral/server role を
使用するための認証されていない。

CBPeripheralManagerStatePoweredOff
Bluetoothが現在パワーオフしている。

CBPeripheralManagerStatePoweredOn
Bluetoothが現在パワーオンで使用できる。

Peripheral Manager Connection Latency
peripheral managerの接続待ち時間を表す値。
typedef enum {
CBPeripheralManagerConnectionLatencyLow = 0,
CBPeripheralManagerConnectionLatencyMedium,
CBPeripheralManagerConnectionLatencyHigh,
} CBPeripheralManagerConnectionLatency;

定数
CBPeripheralManagerConnectionLatencyLow
早いコミュニケーションが、バッテリの寿命を優先されます。

CBPeripheralManagerConnectionLatencyMedium
バランスが、通信周波数とバッテリの寿命の間をとる。

CBPeripheralManagerConnectionLatencyHigh
バッテリの寿命を引き延ばすよりも早い通たちが優先されます。

Peripheral Manager Authorization Status
perpheral manager の現在の認可された状態を表す値。
typedef enum {
CBPeripheralManagerAuthorizationStatusNotDetermined = 0,
CBPeripheralManagerAuthorizationStatusRestricted,
CBPeripheralManagerAuthorizationStatusDenied,
CBPeripheralManagerAuthorizationStatusAuthorized,
} CBPeripheralManagerAuthorizationStatus;

定数
CBPeripheralManagerAuthorizationStatusNotDetermined
利用者が、backgroundの状態間にBluetooth サービスをアプリが
データを共有できるかどうかに関してまだ選択していない。

CBPeripheralManagerAuthorizationStatusRestricted
アプリが、background 状態間にBluetooth サービスを使用するデータを
共有する認可されていない。

CBPeripheralManagerAuthorizationStatusDenied
利用者が、background状態間にアプリからBluetooth サービスを使用
するデータを共有することを明示的に拒否しています。

CBPeripheralManagerAuthorizationStatusAuthorized
このアプリは、background状態間にBluetoothサービスを使用するデータ
を共有することを許可されています。 姉妹サイトだよ! よかったらみてね!

CLBeaconRegion Class Reference メモ

CLBeaconRegion Class Reference

概要

CLBeaconRegion オブジェクトは、地理的な位置と対照的に
Blutooth ビーコンのデバイスの近接性を基づいている領域のタイプ
を定義します。
ビーコン領域は、識別的な情報があなたに与えた情報と一致する
デバイスを探す。
デバイスが領域に入ってきたときに、領域がちょうど良く通知の
配達を発生させます。
あなたは、二つのことのビーコン領域を監視することができる。
デバイスがビーコンの近接へ入るまたはでるときに通知をうけとるために,
あなたのLocation manager objectのメソッドのstartMonitoringForRegion:
を使用します。 
ビーコン領域の間、あなたは、ビーコンを変えるための距離に関係するとき
に通知を受け取り始めるためのメソッドはstartRangingBeaconsInRegion: もまた
呼ぶことができる。
あなたがBluetooth ビーコンとして今のIOSデバイスを設定したい場合には、
確認したい情報に適したビーコン領域を作成します。
あなたが、Core Bluetooth frameworkによりデバイスをアドバタイズとして
使用できるDictionaryを取得するために領域のメソッドはperipheralDataWithMeasuredPower:
で呼ぶことができます。
ビーコンとしてデバイスをアドバタイズするためのフレームワークを使用することについて
の詳細は、Location and Maps Programming Guideを見る。

ビーコンの独立性を特定する
あなたは、3つの値の組み合わせて使用することでビーコンを識別します。
・ proximityUUIDのプロパティは、あなたの会社のビーコンを識別するために使用することで
独理性を含めます。
あなたが典型的なあなたの会社のビーコンのため、一つのUUIDだけ発生させます。しかし、必要ならば
もっと発生することができます。あなたは、コマンドラインツールのuuidgenを使用することでこの値を
発生します。
・ major propertyは、ビーコンに設置されたグループの関係についての値が含まれます。例えば、
デパート店が同じフロワーのビーコンとして同じmajor 値を割り当てるかもしれない。
・ minor propertyは、グループの中に独立的なビーコンを特定します。例えば、デパート店の同じ階の
ビーコンのグループの値が、特定のセクションとビーコンへ割り当てるかもしれない。

あなたがビーコンの製造よって与えられたツールを使用することでそれ自身のビーコンハード
ウェアの中へ独立的な値を作る。

Properties
major
ビーコンのグループを識別する値.(read-only)
@property (readonly, nonatomic) NSNumber *major

minor
グループの間の特定のビーコンを識別する値.(read-only)
@property (readonly, nonatomic) NSNumber *minor

notifyEntryStateOnDisplay
デバイス設定がONのときにビーコン通知が送れるかどうかを
示すbool値。
@property (nonatomic, assign) BOOL notifyEntryStateOnDisplay;

proximityUUID
ビーコンがターゲットになるための一意なID.(read-only)
@property (readonly, nonatomic) NSUUID *proximityUUID

Instance Methods

initWithProximityUUID:identifier:
proximity ID を特定したビーコンの標的ということが領域オブジェクト
が初期化をし、返す。
- (id)initWithProximityUUID:(NSUUID *)proximityUUID identifier:(NSString *)identifier;

Parameters
proximityUUID
ビーコンの一意なIDが標的となる。この値はnilにしてはいけない。
identifier
領域を返すのに関係した一意な識別なオブジェクト。あなたは、あなたのアプリケーション
の間で領域を区別するためにこのIDを使用する。この値は、nilにしてはいけない。

Return Value
ビーコン領域オブジェクトの初期化。

initWithProximityUUID:major:identifier:
特定の周辺IDとmajar vale によるビーコンの標的ということの
領域オブジェクトを初期化し返す。

- (id)initWithProximityUUID:(NSUUID *)proximityUUID major
:(CLBeaconMajorValue)major identifier:(NSString *)identifier;

Parameters
proximityUUID
ビーコンの標的ならなる一意なID.この値は、nilにしてはいけない。
major
あなたが、識別できるイDマたはビーコンを使用する majorの値。
identifier
領域オブジェクトに返すのに関係するための一意なID.あなたは、
あなたのアプリケーションの間の領域を区別するためのこのIDを
使用する、この値は,nilにしてはいけない。

Return Value
初期化されたビーコン領域のオブジェクト。

initWithProximityUUID:major:minor:identifier:
proximity ID,major 値、minor値によって特定されたビーコンを標的にした
領域オブジェクトの初期化をし返す。
- (id)initWithProximityUUID:(NSUUID *)proximityUUID major:(CLBeaconMajorValue)major
minor:(CLBeaconMinorValue)minor identifier:(NSString *)identifier;

Parameters
proximityUUID
ビーコンが標的とする proximity ID。この値は、nilにしてはいけない。
major
あなたが識別したIDまたは主なビーコンを使用するmajar値.
minor
あなたが特定のビーコンを識別するために使用するminor値。
identifier
領域オブジェクトを返すのに関係するための一意なID.あなたは,
あなたのアプリケーションの間の領域をくべつするためにこのIDを使用する。
この値は,nilにしてはいけない。

Return Value
初期化されたビーコン領域オブジェクト。

peripheralDataWithMeasuredPower:
ビーコンとして現在のデバイスのアドバタイズするために使うことができる
取り出したデータ。
- (NSMutableDictionary *)peripheralDataWithMeasuredPower:(NSNumber *)
measuredPower

Parameters
measuredPower
デバイスの受け取ったシグナルの強さを示す値。
この値は、領域の間に使われ、1mからビーコンの強さをはかったことを表す。
デバイスのデフォルトの値に使用するようにnilを設定します。
Return Value
ビーコンとして今のデバイスをアドバタイズするためにCBPeripheralManager
とともに組み合わせて使うことができるDataのDictionary.

Constants
CLBeaconMajorValue
ビーコンでもっとも大きい重要な値。
typedef uint16_t CLBeaconMajorValue;

CLBeaconMinorValue
ビーコンでもっとも小さい重要な値。 姉妹サイトだよ! よかったらみてね!

NSUUID Class Reference メモ

NSUUID Class Reference
概要
NSUUID クラスは、タイプ、インターフェース、互い項目を独自に
識別するためにUIIDの文字列を作成します。
UUIDまたGUIDまたはIDDは、は、発生させた
コンピュータの一意の値の時間も空間を一意に作成した128-bitの値のUUID と
1582年10月15日00時00分00秒から100ナノ秒の間隔の数を合わす値の128-bit
の値です。
ASCllでUUIDを表された一般的な形式は、ハイフンによって強調された文字列です、
例えば,68753A44-4D6F-1226-9C60-0050E4C00067です。
ヘキサの表現は、ご想像どおり、0xから始る数値の配列のように見えます。
例えば、0xD7, 0x36, 0x95, 0x0A, 0x4D, 0x6E, 0x12, 0x26, 0x80, 0x3A, 0x00,
0x50, 0xE4, 0xC0, 0x00, 0x67です。
UUIDはバイトの配列してシンプルに表現されたため、異なる様式のための考慮
エンディアンではありません。

Class Methods

UUID
RFC 3122 4一意なバイトとともに新しいUUIDを作成し、返す。
返り値
新しいUUIDオブジェクト。

Instance Methods

getUUIDBytes:
UUIDのバイトを返す。
- (void)getUUIDBytes:(uuid_t)uuid
パラメータ
uuid
生バイトとして表されたUUIDの値.

init
RFC 4122 版の任意なバイトとして新しいUUIDを作成し、返す。
- (id)init
返り値
新しいUUIDオブジェクト。

initWithUUIDBytes:
バイトが与えられた新しいUUIDと作成し、返す。
- (id)initWithUUIDBytes:(const uuid_t)bytes
パラメータ
bytes
UUIDに作成するために使用するために生UUIDバイト。
返り値
新しいUUIDオブジェクト。

initWithUUIDString:
形成された文字列から新しいUUIDを作成し返す。
- (id)initWithUUIDString:(NSString *)string
パラメータ
string
源泉の文字列がUUIDに含まれています。UUIDのために一般的な形式が
ASCllがハイプンによって強調された文字列を表した。
例えば、68753A44-4D6F-1226-9C60-0050E4C00067.

UUIDString
文字列としてUUIDを返す。
- (NSString *)UUIDString
返り値
文字列は、形成したUUIDを含みます。
例えば、 E621E1F8-C36C-495A-93FC-0C247A3E6E5F. 姉妹サイトだよ! よかったらみてね!

位置サービスと地図について

位置サービスと地図について

・あなたのアプリの中の基本的な位置情報を使用することは、
利用者が周囲の世界へ接続しつづけることです。
あなたが、実践的な目的のために情報または、楽しみ
に使用するかどうかで
基本的な位置情報は、全体的な利用者の経験を
向上することができます。
iOSの基本的な位置情報は,二つの部分で構成されます。
(位置サービスと地図)
位置サービスは、Core Location frameworkによって
供給され、Core Location frameworkについては、
利用者の位置や方向について情報を得るための
Objective-C のインターフェースです。

iBeaconは、位置の利用者の経験を増幅させます。

・iBeaconは、Bluetooth low energy wireless technology
を使用することにより、独立的な情報を確信するアドバタイズした
beaconを作成および観察する方法を与えます。
あなたのアプリが、Core Location region monitoring を使用して
監視できるbeacon領域から同じ一般的な一意なUUIDをアドタイズする
Bluetooth low energy beaconsがサポートします。
とはいっても同じUUIDのbeaconは、アドバタイズに情報を追加すること
により識別することができる。またbeaconが利用者のデバイスの範囲外で、
アプリが、beaconのための距離の関係を観察することができる。
あなたは、特定位置の利用者の経験を高めるためのbeaconによって
アドバタイズされた情報を使用できる。
例えば、博物館アプリが、博物館の重要な展示の近くのビーコン場所を観察
することができます、
利用者が特定の展示物に近づくとして、別というよりむしろ展示物の情報
を供給したきっかけとしてbeaconの関連した位置を使用するができる。
beaconは、Bluetooth low energy technology使用して情報をアドバタイズ
しているため。あなたは、beaconのBluetooth low energyを使用して
共有情報をサポートするいくつかのIOSのデバイスへ返すことができる。
姉妹サイトだよ! よかったらみてね!

ビーコン調査 メモ

ビーコン調査

ビーコン領域(Beacon Regions)
・・・デバイスのBluetooth Low Energyビーコンへの近さによって
   定義されるエリア

ビーコン通知の発生条件
・・・ビーコ ンの近傍に対して進入または退出したとき

ビーコンできること

1.Core Bluetoothフレームワークを使用することでiOSデバイスおよび
Macをビーコンデバイスに変えることができる。

2.ビーコンがユーザのデバイスの範囲内にある場合に相対距離を監視する
ことができる。

領域観測の利用可否の確認
・デバイスが領域観測に必要なハードウェアを備えていない。
・アプリケーションで領域観測を行うための承認をユーザが拒否している。
・「設定(Settings)」アプリケーションで、ユーザが位置情報サービスを無効にしている。
・ユーザが「設定(Settings)」アプリケーションの「Background App Refresh」をデバイス
 またはアプ リケーションのどちらかで無効にしている。
・デバイスが機内モードになっていて、必要なハードウェアの電源を入れられない。

領域観測の始める前の準備
・CLLocationManager のisMonitoringAvailableForClass: クラスメソッド
とauthorizationStatusクラスメソッドを常に呼び出す必要がある。

地理的領域の境界線横断イベントの処理
・locationManager:didEnterRegion:
・locationManager:didExitRegion:
ユーザーが領域の境界線から退出したときのみ通知が必要な場合は、領域のnotifyOnEntry
プロパティの値をNOに設定する。

ビーコン領域の観測
ビーコン領域(Beacon Reagions)の観測では、デバイスに内蔵されている無線を使用して、
ユーザが適 切な識別情報をアドバタイズしているBluetooth Low Energyデバイスの近く
にいることを検出します。

・128ビットの値である近接UUID(universally unique identifier)は、特定のタイプまたは
特定の組織 によって発信されているものとして、1つ以上のビーコンを一意に識別します。
・16ビットの符号なし整数であるメジャー値は、同じ近接UUIDを持つビーコンを区別する
ために使 用されます。
・16ビットの符号なし整数であるマイナー値は、同じ近接UUIDと同じメジャー値を持つ
ビーコンを 区別するために使用されます。

観測するビーコン領域の定義
あるビーコン領域の観測を始めるには、領域を定義してそれをシステムに登録しなければなりませ ん。

ビーコン領域の境界線横断イベントの処理
・登録済みのビーコン領域にユーザが進入すると、位置情報マネージャはデリゲートオブジェクトの
locationManager:didEnterRegion:を呼び出します。同様に、登録済みのすべてのビーコン領域内 から
ユーザがいなくなった場合にも、位置情報マネージャはデリゲートオブジェクトの
locationManager:didExitRegion:を呼び出します。これらのデリゲートメソッドは、ユーザの接
近を知らせる、またはある位置に固有のUIをユーザに表示するために実装することができます。

ビーコンの距離測定を使用したビーコンまでの距離の決定
・ユーザのデバイスが登録済みのビーコン領域の内部にある場合、アプリケーションでは CLLocationManager
クラスのstartRangingBeaconsInRegion:メソッドを使用して、領域内の1つ以 上のビーコンとの相対的な距離
を決定し、この距離が変化したときに通知を行うことができます(ビー コン領域内でビーコンとの距離測定を
行う前には、必ずCLLocationManagerクラスの isRangingAvailableクラスメソッドを呼び出す必要があります)。

iOSデバイスまたはMacをビーコンデバイスにする
・Bluetooth Low Energyを使用したデータ共 有に対応したすべてのiOSデバイスまたはMacをビーコンデバイス
として使用することができます。

ビーコン領域の作成とアドバタイズ
・ビーコンのデータをアドバタイズすることは、他のデバイスがビーコ ンを検出して距離を測定するための唯一の手段です。 姉妹サイトだよ! よかったらみてね!

MKAnnotationViewDragState メモ

MKAnnotationViewDragState

これらの定数は、Annotation Viewの現在のドラッグの状態を示す.

定数
MKAnnotationViewDragStateNone

ビューは、ドラック操作に関与しない。Annotation View は、ドラック
の終了またはキャンセルの場合の状態を自分自身に返す責任があります.

MKAnnotationViewDragStateStarting

この活動は、ビューがドラックを始めたことを示すために発生します。
Map View は、自動的に利用者の活動に適したレスポンスの状態へ
Annotation Viewを移動します.

MKAnnotationViewDragStateDragging

ビューは、ドラックの操作中と進捗の追跡です.

MKAnnotationViewDragStateCanceling

この活動は、ドラック操作をキャンセルすべきときに発生します.
あなたは、annotation viewの状態を操作の中止にする.

MKAnnotationViewDragStateEnding

この活動は、ビューが、利用者によってドロップされたことを示すと発生します.
Map view は 自動的にannotation viewを利用者に適したレスポンスの状態へ
移動します. 姉妹サイトだよ! よかったらみてね!
twitter
twitter アカウント @drum_kuroneko 気軽にフォローしてください。
誰でも簡単に開発ができます!!
人気ナンバー1
自己紹介

yuutyan0205

プロガー:yuutyan0205
きままな自由人です。

たまにプログラミングを行っています。

仕事ください・・・

開発者アプリ一覧 気になったらダウンロードしてください。
開発環境おすすめ
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
957位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マック
61位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

相互リンク希望の方とご質問ある方ご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文: