FC2ブログ

CMMotionManager Class Reference メモ

CMMotionManager Class Reference メモ

概要
CMMotionManagerオブジェクトは、iOSが提供するモーションサービスへのゲートウェイです。
これらのサービスは、加速度センサーのデータ、回転速度データ、磁力計のデータ、及びそのよう
な態度のような他のデバイスモーションのデータをアプリケーションに提供します。これらのタイ
プのデータは、デバイスの加速度計と(一部のモデル)、その磁力計とジャイロスコープを端緒とする。

注:磁力計データを処理するためのメソッド、プロパティ、およびデータ·タイプはiOS5.0で導入されました。

生の加速度計データ、生のジャイロデータ、生の磁力計データ、および処理されたデバイスのモーションデータ
(加速度計、回転速度、姿勢測定を含む):CMMotionManagerのインスタンスを作成した後、アプリケーションは
動きの4タイプを受信する場合は、それを使用することができます。コアモーションのセンサ融合アルゴリズムに
よって提供される処理装置モーションのデータは、デバイスの姿勢、回転速度、磁場を較正し、重力の方向、
およびユーザはデバイスに付与された加速度を与える。

重要なアプリケーションは、CMMotionManagerクラスの単一のインスタンスを作成する必要があります。
このクラスの複数のインスタンスは、データが加速度計とジャイロスコープから受信される速度に影響を与えることができる。

モーションデータを受信したときにアプリケーションが指定された更新間隔でそれを取り扱うときには、
定期的にモーションデータをサンプリングすることにより、2つの方法のいずれかを取ることができます。
これらのアプローチの両方を使用すると、アプリケーションは、(stopAccelerometerUpdates、stopGyroUpdates
、stopMagnetometerUpdates、そしてstopDeviceMotionUpdates)が処理を完了した加速度計、回転速度、磁力計、
またはデバイスのモーションデータを適切な停止メソッドを呼び出す必要があります。

指定された間隔でモーションのアップデートを手渡す
特定の間隔でモーションデータを受信するには、アプリケーションは操作キュー(NSOperationQueueのインスタンス)
とそれらの更新を処理するための特定のタイプのブロックハンドラを取る "start"メソッドが呼び出されます。モーション
データは、ブロックハンドラに渡されます。更新の頻度は、"間隔"プロパティの値によって決定されます。
加速度計。更新間隔を指定するには、accelerometerUpdateIntervalプロパティを設定します。タイプ
CMAccelerometerHandlerのブロックを渡し方法:withHandler:startAccelerometerUpdatesToQueue呼ぶ。
加速度計のデータはCMAccelerometerDataオブジェクトとしてブロックに渡されます。
ジャイロスコープ。更新間隔を指定するには、gyroUpdateIntervalプロパティを設定します。
typeCMGyroHandlerのブロックを渡し方法:withHandler:startGyroUpdatesToQueue呼ぶ。回転速度データは
CMGyroDataオブジェクトとしてブロックに渡されます。
磁力計。更新間隔を指定するには、magnetometerUpdateIntervalプロパティを設定します。タイプ
CMMagnetometerHandlerのブロックを渡し方法:withHandler:startMagnetometerUpdatesToQueue呼ぶ。
磁場データはCMMagnetometerDataオブジェクトとしてブロックに渡されます。
装置の動き。更新間隔を指定するには、deviceMotionUpdateIntervalプロパティを設定します。タイプ
CMDeviceMotionHandlerのブロックを渡し方法:toQueue:withHandler:
またはstartDeviceMotionUpdatesToQueue:withHandler
またはstartDeviceMotionUpdatesUsingReferenceFrame呼ぶ。前者の方法(のiOS5.0の新機能)を使って、
姿勢の推定に使用する参照フレームを指定することができます。回転速度データはCMDeviceMotionオブジェクト
としてブロックに渡されます。

モーションデータの周期的なサンプリング
周期的なサンプリングによるモーションデータを処理するには、アプリケーションが引数をとらない"start"メソッドを
呼び出して、定期的に運動データの任意のタイプのプロパティが保持しているモーションデータにアクセスします。
このアプローチでは、ゲームなどのアプリケーションに推奨されるアプローチです。ブロック内の加速度計データを処
理する追加のオーバーヘッドが発生し、それらがフレームをレンダリングするとき、ほとんどのゲームアプリケーション
は動きのデータだけ最新のサンプルに興味を持っている。
加速度計。 accelerometerDataプロパティを読み取ることによって更新を開始し、定期的にCMAccelerometerData
オブジェクトにアクセスするためにstartAccelerometerUpdatesを呼び出します。
ジャイロスコープ。 gyroDataプロパティを読み取ることによって更新を開始し、定期的にCMGyroDataオブジェクトに
アクセスするためにstartGyroUpdatesを呼び出します。
磁力計。 magnetometerDataプロパティを読み取ることによって更新を開始し、定期的にCMMagnetometerDataオブ
ジェクトにアクセスするためにstartMagnetometerUpdatesを呼び出します。
装置の動き。またはdeviceMotionプロパティを読み取ることによって更新を開始し、定期的にCMDeviceMotionオブ
ジェクトにアクセスするstartDeviceMotionUpdates方法:startDeviceMotionUpdatesUsingReferenceFrameを
呼び出します。 startDeviceMotionUpdatesUsingReferenceFrame:この方法は、(iOSの5.0の新機能)は姿勢の
推定に使用する参照フレームを指定することができます。

ハードウェアの可用性と国家
ハードウェア機能(例えば、ジャイロスコープ)を呼び出すと、デバイス上で使用できない場合はその機能に関連star
tメソッドは効果がありません。あなたは、ハードウェア機能は、適切なプロパティをチェックすることによって、
使用可能またはアクティブであるかどうかを調べることができ、例えば、ジャイロスコープ·データには、
gyroAvailableまたはgyroActiveプロパティの値をチェックすることができます。 姉妹サイトだよ! よかったらみてね!
スポンサーサイト

スマホニュース 20120914

WinユーザーがiPhoneアプリ開発を始めるためのMacの基礎知識

写真と動画で見る新しい「iPod touch」と「iPod nano」

「iOS 6」の日本ですぐには使えない機能一覧 マップの渋滞状況やSiriでのローカル検索など

任天堂「Wii U」は12月8日発売、2万5000円から

自信過剰な人はセキュリティ被害に遭いやすい、IPAが傾向分析

iOS 6の新機能「Passbook」向けコンテンツを手軽に作成――「Passcle - パスクル」 姉妹サイトだよ! よかったらみてね!
twitter
twitter アカウント @drum_kuroneko 気軽にフォローしてください。
誰でも簡単に開発ができます!!
人気ナンバー1
自己紹介

yuutyan0205

プロガー:yuutyan0205
きままな自由人です。

たまにプログラミングを行っています。

仕事ください・・・

開発者アプリ一覧 気になったらダウンロードしてください。
開発環境おすすめ
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
843位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マック
46位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

相互リンク希望の方とご質問ある方ご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文: