FC2ブログ

CVImageBufferRef メモ

CVImageBufferRef メモ
コアビデオイメージバッファは、画像データの異なるタイプを管理するための便利なインターフェイスを提供します。
ピクセルバッファとコアビデオOpenGLのバッファは、コア·ビデオ·イメージ·バッファから派生しています。

CVPixelBufferLockBaseAddress
ピクセルバッファのベースアドレスをロックします。

Parameters
pixelBuffer
そのベースアドレスをロックするピクセルバッファ。
lockFlags
何もオプションは、現在定義されていません。パス0。

Return Value
コアビデオの結果コード。可能な値のためのコアビデオ定数のリファレンスを参照してください。

CVPixelBufferGetBaseAddress
ピクセルバッファのベースアドレスを返します。

Parameters
pixelBuffer
そのベースアドレスを取得したいピクセルバッファ。

Return Value
ピクセルのベースアドレス。
・分厚いバッファは、バッファでのピクセル(0,0)へのポインタを返す。
・平面バッファの場合、PlanarComponentInfo構造(としてImageCodec.hでQuickTimeで定義されている)
へのポインタを返す。

CVPixelBufferGetBytesPerRow
ピクセルバッファの行あたりのバイト数を返します。

Parameters
pixelBuffer
そのバイトあたりの行値を取得したいピクセルバッファ。

Return Value
画像データの行ごとのバイト数。平面バッファの場合、この関数はrowBytesがbytesPerRow*
の高さはすべての面を含むイメージ全体をカバーするような値を返します。 姉妹サイトだよ! よかったらみてね!
スポンサーサイト

AVCaptureSession メモ

AVCaptureSession メモ

あなたは、出力にAV入力デバイスからのデータの流れを調整するAVCaptureSessionオブジェクトを使用します。
リアルタイムまたはオフライン取得を実行するには、AVCaptureSessionオブジェクトをインスタンス化し、
適切な入力(例えば、AVCaptureDeviceInputなど)、出力(例えばAVCaptureMovieFileOutputなど)を追加。
次のコードフラグメントは、オーディオを録音するキャプチャデバイスを設定する方法を示しています。
あなたは、出力への入力からのデータの流れを開始するstartRunning、およびフローを停止するstopRunning呼び出すことができます。
あなたは、品質レベルまたは出力のビットレートをカスタマイズするsessionPresetプロパティを使用します。

- (void)addInput:(AVCaptureInput *)input

セッションに与えられた入力が追加されます。
Parameters
input
セッションに追加する入力。

Discussion
YESを返します:あなただけのcanAddInput場合は、このメソッドを使用してセッションへの入力を追加することができます。
セッションが実行されているときにこのメソッドを呼び出すことができます。

- (void)addOutput:(AVCaptureOutput *)output
セッションに指定された出力を追加します。
Parameters
output
出力は、セッションに追加します。

Discussion
YESを返します:あなただけのcanAddOutput場合は、このメソッドを使用してセッションに出力を追加することができます。
セッションが実行されているときにこのメソッドを呼び出すことができます。 姉妹サイトだよ! よかったらみてね!

AVCaptureVideoDataOutputSampleBufferDelegate メモ

AVCaptureVideoDataOutputSampleBufferDelegate メモ

このプロトコルは、キャプチャしたビデオサンプルバッファを受信すると
ドロップされた後半のサンプルバッファーを通知するAVCaptureVideoDataOutput
オブジェクトの委譲のためのインターフェイスを定義します。
AVCaptureVideoDataOutputSampleBufferオブジェクトのデリゲートは、
AVCaptureVideoDataOutputSampleBufferDelegateプロトコルを採用しなければならない。
このプロトコルのメソッドはオプションです。

- (void)captureOutput:(AVCaptureOutput *)captureOutput didOutputSampleBuffer:(CMSampleBufferRef)sampleBuffer fromConnection:(AVCaptureConnection *)connection

新しいビデオフレームが書き込まれたことを代理人に通知します。

Parameters

captureOutput
キャプチャ出力オブジェクト。
sampleBuffer
ビデオフレームデータやその形式、プレゼンテーション時間などのフレームについての追加情報を含むCMSampleBufferオブジェクト。
connection
ビデオを受信した接続。

Discussion
出力はキャプチャし、新しいビデオフレームをデコードまたはそれとしてvideoSettingsプロパティで指定された再エンコード
を出力するたびに、デリゲートは、このメッセージが表示されます。
デリゲートは、さらなる処理のために他のAPIと組み合わせて提供されるビデオフレームを使用することができます。
このメソッドは、出力のsampleBufferCallbackQueueプロパティで指定されたディスパッチキューに呼ばれています。
それは定期的に呼び出されているので、ドロップされたフレームを含むキャプチャパフォーマンスの問題を防止するために効率的でなければなりません。
このメソッドのスコープ外CMSampleBufferオブジェクトを参照する必要がある場合は、
あなたがそれを終了されたときに、CFReleaseし、それをそれをCFRetainする必要があります。
最適なパフォーマンスを維持するために、いくつかのサンプルを直接デバイス·システムや他のキャプチャ入力によって
再利用する必要があるかもしれませんメモリのプールを参照してバッファリングします。
これは、頻繁にメモリブロックをできるだけそのままコピーされ圧縮されていないデバイスのネイティブキャプチャ用ケースです。
複数のサンプル·バッファが長すぎるためにメモリのようなプールを参照する場合、入力は、
もはや記憶に新しいサンプルをコピーすることができなくなりますと、それらのサンプルは削除されます。
アプリケーションはサンプルが長すぎるために提供さCMSampleBufferオブジェクトを保持することによってドロップされたが
、それは長期間のサンプルデータへのアクセスを必要とされることを引き起こしている場合は、新しいバッファにデータをコピーしてから
、(もしサンプルバッファーを解放考えるそれは以前にメモリが参照が再利用できるように)保持されていた。 姉妹サイトだよ! よかったらみてね!

CVPixelFormatDescription メモ

CVPixelFormatDescription メモ

コアビデオのピクセルフォーマットの説明のAPIは、カスタムピクセルフォーマット
を定義するための関数や型を定義します。
カスタムピクセルフォーマットを定義する必要がある場合にのみ、
ピクセルフォーマット記述を使用する必要があります。

kCVPixelFormatType_1Monochrome:1ビットのインデックス。
kCVPixelFormatType_2Indexed:2 ビットのインデックス
kCVPixelFormatType_4Indexed:4
kCVPixelFormatType_8Indexed:8
kCVPixelFormatType_1IndexedGray_WhiteIsZero:
1ビットは、グレーのインデックスを、白はゼロです。
kCVPixelFormatType_2IndexedGray_WhiteIsZero:
2
kCVPixelFormatType_4IndexedGray_WhiteIsZero:
4
kCVPixelFormatType_8IndexedGray_WhiteIsZero:
8
kCVPixelFormatType_16BE555:
16ビットRGB555ウィアー。
kCVPixelFormatType_16LE555
16ビットのRGB LE555。
kCVPixelFormatType_16LE5551:
16ビットのRGB LE5551。
kCVPixelFormatType_16BE565:
16ビットRGB 565ウィアー。
kCVPixelFormatType_16LE565
16ビットLE RGB 565。
kCVPixelFormatType_24RGB
24ビットのRGB。
kCVPixelFormatType_24BGR
24ビットBGR。
kCVPixelFormatType_32ARGB
32ビットのARGB。
kCVPixelFormatType_32BGRA

kCVPixelFormatType_32ABGR

kCVPixelFormatType_32RGBA

kCVPixelFormatType_64ARGB

kCVPixelFormatType_48RGB

kCVPixelFormatType_32AlphaGray
32ビットAlphaGray、16ビットのビッグエンディアンのサンプルは、黒はゼロです。

kCVPixelFormatType_16Gray
16ビット、16ビットのビッグエンディアンのサンプル、グレー、黒はゼロです。

kCVPixelFormatType_422YpCbCr8
コンポーネントのY'CbCr8ビット4:2:2、CbとCrのY'0 Y'1を命じた。

kCVPixelFormatType_4444YpCbCrA8
コンポーネントY'CbCrA8ビット4:4:4:4は、CbはY'CR Aを命じた

kCVPixelFormatType_4444YpCbCrA8R
コンポーネントY'CbCrA8ビット4:4:4:4、表示形式を指定します。フルレンジのアルファ
、YUVゼロバイアスは、AY'CB Crを命じた。

kCVPixelFormatType_444YpCbCr8
コンポーネントのY'CbCr10,12,14,16ビットの午前4時02分02秒。

kCVPixelFormatType_422YpCbCr10

kCVPixelFormatType_444YpCbCr10

kCVPixelFormatType_420YpCbCr8Planar
平面コンポーネントのY'CbCrは、8ビットの四時02分00秒。ビッグエンディアン
CVPlanarPixelBufferInfo_YCbCrPlanar構造体へのbaseAddrを指しています。

kCVPixelFormatType_420YpCbCr8PlanarFullRange
平面コンポーネントのY'CbCrは、8ビット·四時02分00秒、完全な範囲。
ビッグエンディアンCVPlanarPixelBufferInfo_YCbCrPlanar構造体へのbaseAddrを指しています。

kCVPixelFormatType_422YpCbCr_4A_8BiPlanar

kCVPixelFormatType_420YpCbCr8BiPlanarVideoRange

kCVPixelFormatType_420YpCbCr8BiPlanarFullRange

kCVPixelFormatType_422YpCbCr8_yuvs

kCVPixelFormatType_422YpCbCr8FullRange 姉妹サイトだよ! よかったらみてね!

AVCaptureVideoDataOutput メモ_1

AVCaptureVideoDataOutput メモ_1

AVCaptureVideoDataOutputは、ビデオがキャプチャされているから
圧縮されていないフレームを処理するために、または圧縮されたフレーム
をアクセスするために使用AVCaptureOutputの具象サブクラスです。
AVCaptureVideoDataOutputのインスタンスは、他のメディアAPIを使用
して処理することができますビデオフレームを生成します。
didOutputSampleBuffer:fromConnection:デリゲートメソッドは
captureOutputを持つフレームをアクセスすることができます。

Properties

videoSettings
出力の圧縮設定を行います。

辞書は(CVPixelBufferRefを参照)で定義されているA
VVideoSettings.hで定義されている圧縮設定キー、またはピクセルバッファの属性キーの値が含まれています。
サポートされているビデオのピクセルフォーマット(kCVPixelBufferPixelFormatTypeKey)と、
ビデオコーデック形式(AVVideoCodecKey)の可能な値を取得するには、それぞれ
availableVideoCVPixelFormatTypesとavailableVideoCodecTypesを参照してください。
それらのデバイスのネイティブ·フォーマットのサンプルを受信するには、空の辞書にこのプロパティを設定する
デフォルトの圧縮形式でのサンプルを受信するには、nilにこのプロパティを設定します。あなたがnilにこの
プロパティを設定し、その後、それを問い合せると、キャプチャセッションの現在のsessionPresetによって
使用される設定を反映した辞書を取得します。

- (void)setSampleBufferDelegate:(id < AVCaptureVideoDataOutputSampleBufferDelegate >)sampleBufferDelegate
queue:(dispatch_queue_t)sampleBufferCallbackQueue

サンプルバッファーデリゲートとコールバックが呼び出されるのキューを設定します。

Parameters

sampleBufferDelegate

オブジェクトは、それらが捕獲された後、サンプルバッファを受け取ります
AVCaptureVideoDataOutputSampleBufferDelegateプロトコルに準拠しています。

sampleBufferCallbackQueue
コールバックが呼び出されるのキュー。
あなたは、ビデオフレームが順番に配信されることを保証するために、シリアルディス
パッチキューを使用する必要があります。
sampleBufferCallbackQueueパラメータがnilにsampleBufferDelegateを設定する場合
を除いて、NULLではありません。

Discussion

didOutputSampleBuffer:fromConnection新しいビデオサンプルバッファがキャプチャされると、
それはcaptureOutputを使用して、サンプルバッファのデリゲートに送信されます。
すべてのデリゲートメソッドは、指定されたディスパッチキューに呼び出されます。

新しいフレームがキャプチャされたときにキューがブロックされている場合、
それらのフレームが自動的にalwaysDiscardsLateVideoFramesプロパティの
値によって決定される時に削除されます。

これは、その処理は、着信フレームの速度に追いつくことができない場合にそうでない場合に
発生する潜在的なメモリ使用量の増加を管理しなくても同じキュー上の既存のフレームを処理することができます。

あなたのフレームの処理は、着信フレームの速度に追いつくことが一貫してできない場合は、通常フレームだけでは落とす
よりも優れた性能特性をより一貫したフレームレートが得られますminFrameDurationプロパティを使用して、検討する必要があります。

あなたはフレームが廃棄される可能性を最小限にするために必要があれば、処理の十分に少量のサンプルバッファを受信して​​の外
で行われているキューを指定する必要があります。

あなたが別のキューへの追加処理を移行する場合、ただし、メモリ使用量が処理されていないフレームから際限なく成長しないこと
を保証する責任があります。

Special Considerations

このメソッドは、dispatch_retainとキューを管理するためにdispatch_release使用しています。 姉妹サイトだよ! よかったらみてね!

AVCaptureDeviceInput メモ

AVCaptureDeviceInput メモ

AVCaptureDeviceInputはAVCaptureDeviceオブジェクトからデータをキャプチャ
するために使用AVCaptureInputの具象サブクラスです。

+ (id)deviceInputWithDevice:(AVCaptureDevice *)device error:(NSError **)outError

指定されたデバイスを使用するように初期化された入力を返します。

パラメータ
device
デバイスの入力をキャプチャする
outError
初期化でエラーが発生した場合、時のリターンは問題を説明するNSErrorオブジェクトを含んでいます。

返り値
入力デバイスを使用して初期化されます。 姉妹サイトだよ! よかったらみてね!

Media Types メモ

Media Types メモ

さまざまなメディアタイプを識別する定数です。

定数
AVMediaTypeVideo : ビデオ
AVMediaTypeAudio : オーディオ
AVMediaTypeText : テキスト
AVMediaTypeClosedCaption : クローズドキャプション
AVMediaTypeSubtitle : サブタイトル
AVMediaTypeTimecode : タイムコード
AVMediaTypeTimedMetadata : 指定したメタデータをタイムアウト
AVMediaTypeMuxed : 多重メディア 姉妹サイトだよ! よかったらみてね!

AVCaptureDevice メモ

AVCaptureDevice メモ

概要
AVCaptureDeviceオブジェクトはAVCaptureSessionオブジェクトに入力データを(オーディオやビデオなど)
を提供する物理的なキャプチャデバイスを抽象化します。
あなたは、利用可能なデバイスを列挙し、それらの機能を照会し、デバイスが行ったり来たりするときに通知する
ことができます。
あなたは適切なキャプチャデバイスを見つけたら、デバイスのAVCaptureDeviceInputオブジェクトを作成し、
キャプチャセッションへの入力を追加します。
キャプチャデバイス(ので、そのフォーカスモード、露出モード、オン)のプロパティを設定するには、まず
lockForConfigurationを使用してデバイスのロックを取得する必要があります。
あなたが変わらないように設定可能なデバイスのプロパティが必要な場合にのみ、デバイスのロックを保持する必要
があります。
デバイスのロックを保持していると、不必要なデバイスを共有する他のアプリケーションに品質をキャプチャ低下する
可能性があります。

+ (AVCaptureDevice *)defaultDeviceWithMediaType:(NSString *)mediaType

与えられたメディアタイプのデータをキャプチャするために使用されるデフォルトのデバイスを返します。

パラメータ
 mediaType
 メディアタイプの識別子。

返り値
 デフォルトのデバイスは、mediaTypeので示された型のデータをキャプチャするために使用されます。 姉妹サイトだよ! よかったらみてね!

スマホニュース 20120702

auスマートフォン向け「LISMO Player」のバージョンアップ実施

ソフトバンクWi-Fiスポット、紀伊國屋書店とラウンドワンで利用可能に

Google、Androidベースのタブレットを199ドルで発売へ

Samsungの「GALAXY Tab 10.1」、米国で販売差し止めへ

iPadでフルセグをワイヤレス視聴、さらに録画も――ソフトバンクBB「録画対応デジタルTVチューナー」 姉妹サイトだよ! よかったらみてね!
twitter
twitter アカウント @drum_kuroneko 気軽にフォローしてください。
誰でも簡単に開発ができます!!
人気ナンバー1
自己紹介

yuutyan0205

プロガー:yuutyan0205
きままな自由人です。

たまにプログラミングを行っています。

仕事ください・・・

開発者アプリ一覧 気になったらダウンロードしてください。
開発環境おすすめ
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
1074位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マック
53位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

相互リンク希望の方とご質問ある方ご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文: