EKEventStore Class Reference メモ

EKEventStore Class Reference メモ

概要
EKEventStore クラスのインスタンスは、カレンダーDBを表します。
これは、カレンダーとリマインダーデータへアクセスするためのアプリケーション
のコンタクトのポイントです。
iOS 5の後で、event store オブジェクトは、デフォルトで init メソッドで初期化し
ます。iOS 6以降は、あなたが、event store を初期化した後に、requestAccessToEntityType:completion:
メソッドでデータのエンティティタイプにアクセスする必要があります。
OSXでは、デフォルトのinit メソッドの代わりにinitWithAccessToEntityTypes: を
使用します。
predicateForEventsWithStartDate:endDate:calendars:メソッドによって
イベントのための検索クエリを作成します。
フェッチとプロセスメソッドは、 eventsMatchingPredicate:とenumerateEventsMatchingPredicate:usingBlock:
メソッドによって与えられた述語と一致しています。
saveEvent:span:commit:error: と removeEvent:span:commit:error: メソッドによって
event store から eventを保存と削除します。
リマインダーのアクセスと操作するためには、同じようなメソッドを使用する。
リマインダーは、iOS 6 前の Event Kit では、利用できません。

Properties

defaultCalendarForNewEvents
イベントが、ユーザー設定によって指定したデフォルトとして追加したカレンダー。
(read-only)
@property(nonatomic, readonly) EKCalendar *defaultCalendarForNewEvents

defaultCalendarForNewReminders
イベントが、ユーザー設定によって指定したデフォルトとして追加したカレンダー。
(read-only)
@property(nonatomic, readonly) EKCalendar *defaultCalendarForNewReminders

eventStoreIdentifier
event store のための ユニークID (read-only)
@property(nonatomic, readonly) NSString *eventStoreIdentifier

Class Methods

authorizationStatusForEntityType:
エンティティタイプを定められた権限状態を返す。
+ (EKAuthorizationStatus)authorizationStatusForEntityType:(EKEntityType)entityType
Parameters
entityType
イベントまたはリマインダーのエンティティタイプ.
Return Value
定められたタイプのアプリの権限状態.

Instance Methods
calendarItemsWithExternalIdentifier:
イベントの最初の発生または外部IDを指定したリマインダーを返す。
- (NSArray *)calendarItemsWithExternalIdentifier:(NSString *)externalIdentifier
Parameters
externalIdentifier
カレンダーアイテムの外部ID.
Return Value
IDを指定したカレンダーアイテムのArray.

calendarItemWithIdentifier:
イベントの際社の発生または、IDを指定したリマインダーを返す。
- (EKCalendarItem *)calendarItemWithIdentifier:(NSString *)identifier
Parameters
identifier
カレンダーアイテムのユニークID.
Return Value
リマインダーまたは、IDを指定したエベントの最初の発生。

calendarsForEntityType:
例えば、リマインダーまたはイベントが定めたエンティティタイプを
サポートするカレンダーを返す。
- (NSArray *)calendarsForEntityType:(EKEntityType)entityType
Parameters
entityType
カレンダーのエンティティタイプ。
Return Value
指定されたエンティティタイプをサポートするカレンダー。

calendarWithIdentifier:
IDを指定したカレンダーを返す。
- (EKCalendar *)calendarWithIdentifier:(NSString *)identifier
Parameters
identifier
カレンダーのユニークID
Return Value
IDを指定したカレンダー.

cancelFetchRequest:
リマインダーをフェッチするリクエストをキャンセルする。
- (void)cancelFetchRequest:(id)fetchIdentifier
Parameters
fetchIdentifier
fetchRemindersMatchingPredicate:completion:によって返された
リクエストのID.

commit:
event store の変更でセーブしていないすべてをコミット。
- (BOOL)commit:(NSError **)error
Parameters
error
NSError オブジェクトのためのポインタ。あなたが、NSError オブジェクトを
作成する必要がありません。
コミット操作は、あなたがNULL の場合に最初の失敗の後で中止する。
Return Value
コミット操作が成功した場合、YES それ以外がNO.変更がない場合でもYESを返します。

enumerateEventsMatchingPredicate:usingBlock:
指定した述語に一致するすべてのイベントを検索し、見つかった各イベントの指定された
コールバックを呼び出します。
- (void)enumerateEventsMatchingPredicate:(NSPredicate *)predicate usingBlock:(EKEventSearchCallback)block
Parameters
predicate
検索の述語.predicateForEventsWithStartDate:endDate:calendars: メソッドを作成しなければならない。
block
block callback は、各イベントごとに呼び出します。コールバックは、EKEventSearchCallback
によって定義された署名を一致しなければならない。




姉妹サイトだよ! よかったらみてね!
スポンサーサイト

CBCentral Class Reference メモ

CBCentral Class Reference メモ

概要
CBCentral クラスがローカルデバイスの周辺ロール
を示すアプリへ接続するリモートセントラルでバイスを表す。
すなわち、あなたがCBPeripheralManager クラスをしようして周辺
権限を示したとき、CBCentral オブジェクトを表したあなたのローカル
peripheral へ接続する中心となります。
リモートセントラルはNNUIDオブジェクトよって表され、UUIDによって
識別します。

Properties
identifier
central に関係したUUID.(read-only)
@property(readonly, nonatomic) NSUUID *identifier

maximumUpdateValueLength
Central についてByteでのデータの最高の総数は、
一つの通知または指示を受け取ることができる。 姉妹サイトだよ! よかったらみてね!

CBATTRequest Class Reference メモ

CBATTRequest Class Reference メモ

概要
CBATTRequest class は、リモートセントラルでバイスから
リクエスト読み込みと書き込みATTを表す、
リモートセントラルがローカルperipheralへcharacteristic values
読み込みと書き込みするためのリクエストでATTを使用する。
ローカル peripheral、一方で、CBPeripheralManager
のクラスのthe respondToRequest:withResult: を使用して
ちょうどよくリクエストを読み込みと書き込みを応答するために
CBATTRequestオブジェクトを使用する。

Properties
central
リクエストの起こしたremote central device (read-only)
@property(readonly, retain, nonatomic) CBCentral *central

characteristic
読み込みおよび書き込みをするための値の特徴。(read-only)
@property(readonly, retain, nonatomic) CBCharacteristic *characteristic

offset
リクエスト読み込みまたは書き込みのためfirst byte の zero-based index.(read-only)
@property(readonly, nonatomic) NSUInteger offset

value
読み書きのなるデータ。
@property(readwrite, copy) NSData *value 姉妹サイトだよ! よかったらみてね!

CBMutableService Class Reference メモ

CBMutableService Class Reference メモ

概要
CBMutableService クラスは、CBServiec クラスを継承したプロパティの
すべてへアクセスへ書くの加える。
あなたがサービスの作成またはローカルperipheral デバイスを含まれるかを
このクラスを使用します、
あなたがサービスを作成したあとに、あなたはCBPeripheralManager クラス
のメソッド  addService:  を使用してperipheral local database を加える
ことができる。peripheral ローカルデータベースへサービスを追加したあたに
サービスをキャッシュされあなたがそれを変更することができなくなる。

Properties
characteristics
サービスのcharacteristicsの配列
@property(retain, readwrite) NSArray *characteristics
Discussion
service’s characteristicsを表すCBCharacteristic オブジェクトを含む配列。
Characteristics は peripherals サービスについて詳細を与える。
例えば、心拍数サービスは、デバイスの心拍センサの意図された身体の位置お
よび心拍数測定データを送信する他の特徴を記述するつの特性を含むことができる。

includedServices
含まれたサービスの配列。
@property(retain, readwrite) NSArray *includedServices

isPrimary
サービスのタイプがプライマリまたはセカンダリかどうかを
示すbool値。
@property(readwrite, nonatomic) BOOL isPrimary

UUID
サービスの
Bluetooth-specific UUID
@property(retain, readwrite, nonatomic) CBUUID *UUID

Instance Methods
nitWithType:primary:
UUiDとサービスタプによって指定された変更可能なサービスを
新しく初期化し返す。
- (id)initWithType:(CBUUID *)UUID primary:(BOOL)isPrimary
Parameters
UUID
サービスを識別した128-bit UUID
isPrimary
サービスのタイプがプライマリまたはセカンダリかどうかを示すbool値。
YESの場合、サービスがプライマリ。NOの場合はサービスがセカンダリ。 姉妹サイトだよ! よかったらみてね!

CBPeripheralManagerDelegate Protocol Reference メモ

CBPeripheralManagerDelegate Protocol Reference メモ

概要
CBPeripheralManager object のデリゲートは、
CBPeripheralManagerDelegate protocol、非常に多いオプションメソッド
から成り立つプロトコル、一つの必須のメソッドを採用しなければならない。
プロトロルのオプションメソッドが、発行とアドバタイズすることと、モニター
に読むこと、書き込みとリモートcentral device から応答承諾を確立するために
使われる。
プロトコルの必須のメソッドは、peripheral manager が使用できているかどうかと
peripherl managerの状態が更新されたときを示します。

Instance Methods
peripheralManager:central:didSubscribeToCharacteristic:
リモートセントラルでバイスにcharacteristic’s value が
登録した時に呼ぶ出される。

- (void)peripheralManager:(CBPeripheralManager *)peripheral central:(CBCentral *)central
didSubscribeToCharacteristic:(CBCharacteristic *)characteristic

Parameters
peripheral
情報を供給するperipheral manager
central
characteristic’s valueを同意したリモートセントラルデバイス。
characteristic
同意した値の特徴

peripheralManager:central:didUnsubscribeFromCharacteristic:

リモートセントラルデバイスがcharacteristic’s valueを拒否したときに呼び出される。

- (void)peripheralManager:(CBPeripheralManager *)peripheral central:(CBCentral *)
central didUnsubscribeFromCharacteristic:(CBCharacteristic *)characteristic

Parameters
peripheral
情報から供給するperipheral manager
central
characteristic’s valueを登録したリモートセントラルデバイス。
characteristic
削除した値の特徴。

peripheralManager:didAddService:error:
あなたがlocal Generic Attribute Profile (GATT) databaseへサービスと任意の
characteristicsの関係したcharacteristic descriptors を出版した。

- (void)peripheralManager:(CBPeripheralManager *)peripheral didAddService
:(CBService *)service error:(NSError *)error

Parameters
peripheral
情報を供給したperipheral manager
service
ローカルGATT database へ追加したサービス。
error
エラーが発生した場合、失敗の原因。

peripheralManager:didReceiveReadRequest:
ローカルperipheral デバイス が動的な値を持つcharacteristicから
リクエストを読むAttribute Protocolの受け取ったときに発生する。

- (void)peripheralManager:(CBPeripheralManager *)peripheral
didReceiveReadRequest:(CBATTRequest *)request

Parameters
peripheral
情報を供給するperipheral manager
request
characteristic’s valueを読むためにリクエストを表すCBATTRequest オブジェクト.

peripheralManager:didReceiveWriteRequests:
ローカルperipheral デバイスが動的な値をもつcharacteristicをリクエストをATTを
受け取るときに発生します。

- (void)peripheralManager:(CBPeripheralManager *)peripheral didReceiveWriteRequests
:(NSArray *)requests

Parameters
peripheral
情報を供給するperipheral manager
requests
CBATTRequest オブジェクトの配列またはCBATTRequest objectsがcharacteristicの値を
書き込むためのリクエストを表す。

peripheralManager:willRestoreState:
peripheral manager がシステムによって回復したときに発生する。
- (void)peripheralManager:(CBPeripheralManager *)peripheral willRestoreState:(NSDictionary *)dict

Parameters
peripheral
情報を供給するperipheral manager
dict
アプリを終わらせる時間のシステムよって保存されたperipheral manager についての情報を含むdictionary.

peripheralManagerDidStartAdvertising:error:
あなたがローカルperipheral デバイスデータをアドバタイズを始めたときに発生します。
- (void)peripheralManagerDidStartAdvertising:(CBPeripheralManager *)peripheral error:(NSError *)error

Parameters
peripheral
情報を供給するperipheral manager
error
errorが起きたとき、失敗の原因。

peripheralManagerDidUpdateState:
peripheral manager's の状態が更新されたときに発生します。(必須)
- (void)peripheralManagerDidUpdateState:(CBPeripheralManager *)peripheral

Parameters
peripheral
状態がかわったperipheral manager

peripheralManagerIsReadyToUpdateSubscribers:
ローカルperipheral デバイスがcharacteristic valueを更新して送るため
に再び準備した際に発生します。(必須)

- (void)peripheralManagerIsReadyToUpdateSubscribers:(CBPeripheralManager *)peripheral
Parameters
peripheral
情報を供給したperipheral manager

Constants

Peripheral Manager State Restoration Options
initWithDelegate:queue:options: メソッドを選択するために使われるKeys.
NSString *const CBPeripheralManagerRestoredStateServicesKey;
NSString *const CBPeripheralManagerRestoredStateAdvertisementDataKey;

Constants
CBPeripheralManagerRestoredStateServicesKey
アプリの時間へローカルperipheralのデータベースへ出版されたサービスのすべてを含む
CBMutableService オブジェクトの配列.
サービスについてすべての情報は、サービスが含まれたcharacteristics、
characteristic descriptors、加工したセントラルを回復する。

CBPeripheralManagerRestoredStateAdvertisementDataKey
アプリがシステムによって終了した時間にアドバタイズされたperipheral manager を
含むDictonary. 姉妹サイトだよ! よかったらみてね!
twitter
twitter アカウント @drum_kuroneko 気軽にフォローしてください。
誰でも簡単に開発ができます!!
人気ナンバー1
自己紹介

yuutyan0205

プロガー:yuutyan0205
きままな自由人です。

たまにプログラミングを行っています。

仕事ください・・・

開発者アプリ一覧 気になったらダウンロードしてください。
開発環境おすすめ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
818位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マック
49位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

相互リンク希望の方とご質問ある方ご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文: